市販モデルとして登場なのか?ダイハツのコンセプトカー「WakuWaku」は!?

外見や内装を見る限り市販化されるのか?

間もなく開催される東京モーターショーにおいて、ダイハツのブースに注目が集まりそうな予感を示唆する報道情報が舞い込んできました。

今回のダイハツブースには、4台のコンセプトカーを出展するそうです。

その中に、開発中の市販化モデルと思われるコンセプトカーが見受けられます。

それは、「WakuWaku」というコンセプトカーであり、遊び心満天のような魅力ある車なのです。

「WakuWaku」(ワクワク)は、カラフルなうえにファッショナブルな装いの内外装でありながら、インテリアパーツ(インパネなど)は、極めて細かいような質感になっている感じがします。

また、「WakuWaku」は、遊びの世界を広げる軽クロスオーバーとして開発され、 “好きな荷物を積んで、どこまでも行きたくなる、一番身近なサイズのSUV’’と銘打っているのです。

その他にも特徴があり、1つ目は、使い倒せる荷室空間とルーフラゲージを装備し、2つ目は、頼れる骨太な印象である内外装デザインとなっています。

clicccar.com

軽のクロスオーバーとして登場!!

「WakuWaku」は、前席、後席と役割分担を思い切り、4人乗りですが、後席ドアの窓にはパネルをはめ殺しにしており、外は見えなくなっているのです。

しかし、その代わりには、内側に証明ランプが取付けられ、リアゲートには、横方向に開くドアに加えて、バンパー部分が下に開く2分割方式のドアを採用しています。

また、下のドアからは、荷室下段にあるラゲッチスペースへ直接アクセスできるです。

そして、ルーフの後ろ半分が跳ね上げ方式になっていることから、こちらにもラゲッチスペースがあるのです。

このように、後席は人が乗るより荷物を載せることを優先させています。

今年のモーターショーに、ダイハツのコンセプトカーは、4車種出展しますが、

このなかのうち、「WakuWaku」が、いちばん市販化を意識してデザインしているのです。

このようなコンセプトカーであるが、ライバル社が市販化されている「D:5」や「ekクロス」などが市販されていることから、「WakuWaku」のエクステリアデザインなら市販しても違和感ないくらいと考えられます。

ユーザー目線からすると、人が乗れるようにするバージョンと荷室して使用するバージョンに切り替えできれば、市販化の可能性が高くなると思うのです。

いざ、市販車となった場合には、どんなネーミングで登場するかも大いに注目されます。

果たして、市販化されるのか注目して見ていきましょう!!

実物が見たくてたまらない方には、東京モーターショーに足を運ばれることをお勧めいたします。

f:id:car-like-oyaji:20191010110225j:plain

 

VIPや送迎に最適な車!!トヨタ・グランエースが初披露に!!

2列目以降にキャプテンシートを採用して最大8人まで乗車可能できる!!

トヨタは10月25日より一般公開される東京モーターショーで新型車であるグランエースを初披露しました。

この車は、2019年内にも全トヨタ売店にて発売される予定なのです。

上質なうえ快適な移動空間としてグランエースは、全長5.3mで全幅が1.97mのワイドボディなサイズで圧倒的な存在感を醸し出している3ナンバーサイズのフルサイズワゴンとなります。

関係者によると、ゆとりと高級感のある室内空間を演出しており、車両安定性や快適な乗り心地、そして先進の安全機能に加え、コネクティッド機能を兼ね備えた上級な送迎車として開発してきたと語られているのです。

グランエースは、ハイエースとは異なる、独自ブランドを確立します。

フルサイズワゴンは、海外での需要が高いと言われていますが、日本仕様にカスタムしながら新たな市場を開拓していく予定なのです。

response.jp

エクステリアには高級感を存分に出している

グランエースのエクステリアには、存在感を持たせたうえに高級感を加えているようであり、その特徴としては、金属調加飾したアッパーグリルとヘッドライトを融合させ、上下とワイド方向に張り出しているフロントデザインとなっています。

内装はゴージャス感を強調しているのか?

内装は、ブラックを基調とし、インストルメントパネルの空調吹き出し口には、金属調加飾しており、また、助手席正面部分には木目調加飾を配していて華やかさを演出しています。

また、メーターフードには、表皮巻きに本ステッチを施してあり、上質さを強調しているのです。

そして、室内空間は、高級感を醸し出し、6人乗りのプレミアムグレードの1.2列目共にパワーリクライニング仕様となっており、足元にもパワーオットマンを装備しています。

なお、シートには快適温熱シートを装備するなど、ゴージャスな雰囲気となっているのです。

そんなグランエースの1列目シートには、2列目への乗降りを手助けするための手動式大倒し機構を設置しています。

8人乗りのGグレードには、リアの1列目はプレミアムグレードと同機構とされ、2列目にはマニュアル仕様のシートとされ、シート間に十分な通路幅を確保しているのです。

新開発された専用プラットホームで快適な乗り心地を!!

快適な乗り心地を提供できるようにと、新開発の専用プラットホームを採用し、アンダーボディにはストレートラダー構造とし、アッパーボディには環状骨格構造にしています。

以上の事より、ボディ剛性はトヨタトップクラスの値を達成しているのです。

また、ダッシュパネルには、最適である遮音や吸音材を設定し、ウィンドシールドにはアコースティックガラスを採用して、静寂さを高めています。

さらに、プレミアムグレードには、スライドドアに合わせたかのように、合わせガラスを採用しているのです。

このよな装備で、会話明瞭度は競合トップレベルなことで、アルファード並みになっています。

そんなことから、政治家や会社重役などのハイヤーとして使用されることがよそうされるのです。

なかには、キャンピングカーのベース車として利用される方も出てくるでしょう。

そんな魅力的なグランエースですので、販売開始されるのが待ち遠しいですね。

待ちきれない方には、東京モーターショーで見られることをお勧めいたします。

f:id:car-like-oyaji:20191009131827j:plain

 

万人受けしそうなコンセプトカー!!スズキが東京モーターショーに出展!!

トヨタと業務提供がきっかけになったのか?

スズキ自動車は、東京モーターショー2019の出展について、概要を発表しました。

今回、「スズキ・ワクスポ」をコンセプトモデルとして参考出品を世界初公開します。

そのワクスポは、全長3700mm、全幅1650mm、全高1430mmというコンパクトなPHEVクーペとなり、スズキの乗用車のサイズとほぼ同等となるのです。

そして、乗車定員は軽自動車規格の4名となります。

しかし、このワクスポの特徴は、スイッチ操作1つで、ワゴン・ボディに変形し、大きな荷物などを積みたいときには、リア・セクションの車体構造が変わるのです。

よって、クーペタイプと呼ぶことがふさわしいのか、疑問に残ります。

これだけの開発には、トヨタとの業務提供が大きく関わっているようにも感じられるのです。

response.jp

近年の車離れを考慮して車を家庭内シェアリングに

近年、若者の車離れに拍車が掛かってきているところに、スズキ自動車が考慮したのが、車を家庭内で共有するという発想であります。

その発想から生まれたのが、複数のボディ形状に変わる「スズキ・ワクスポ」なのです。

通常、カーシェアリングというと、1台の車を複数のユーザーが共有するものであり、それらを家庭内に置き換え、家族で1台の車を使用します。

最近では、経済的なこともあり、一家に車1台という家庭も増えており、プライベートを楽しむクーペタイプと、使い勝手を最大限に生かすワゴンタイプの2種類を使い分けられるように設計された「スズキ・ワクスポ」であるのです。

スズキ・ワクスポの特徴にはどんなものがあるのか?

外観は、ロングノーズのフロント部分となっており、小型で走りの良さを感じさせるであろうデザインとなっています。

ワゴンRスティングレイーばりの縦2眼のライトしたフロントフェイスをしていて力強さを感じるのです。

また、ワゴンタイプでは、Bピラーレスボディとなり、ドアを開けると大きな開口部が広がり、後席の乗り降りやにもつの積み下ろしなどを考慮しています。

ワゴンタイプになると、リアシートが後方にスライドされ、広々とした空間となり、快適な4人乗車が実現されるのです。

この「スズキ・ワクスポ」は、ドライバーの用途な合わせて車体構造を変えることができるため、幅広い年齢層に受けるのではないでしょうか?

最後に「スズキ・ワクスポ」の主要諸元をご紹介します。

 (全長×全幅×全高)3700㎜×1650㎜×1430㎜

ホイールベース) 2460㎜

(乗車定員)    4名

パワーユニット) PHEV

(駆動方式)   4WD

となっているのです。

気になる方は、是非とも東京モーターショー2019に足を運ばれて、実際に見てはいかがでしょう!!

f:id:car-like-oyaji:20191007104627j:plain

 

世界中で注目!!軽規格のEVコンセプトを登場させる日産!!

2年ぶりの東京モーターショーが開催に

車好きには欠かせないこの季節がやってきました。

2年ぶりの東京モーターショー2019が10月24日から11月4まで開催されます。

前回と同様に、東京ビックサイトを会場として開催されるのです。

筆者注目は、日産自動車が出展する軽規格のEVコンセプトが気になっています。

巷では、次期デイズルークスの呼び声も高く、軽自動車のTOPを奪うかのように軽の電気自動車に注目したのではないでしょうか?

世界各国でも電気自動車は、注目が置かれる存在となりつつあり、特にヨーロッパでは新型車種を出すときには必ずと言ってもおかしくないぐらいに電動化された自動車が発売されてきています。

日本でも例外ではありません。

近年、世界中において環境破壊問題が考えられ、自動車の排気ガスも原因の1つとされているのです。

よって、電気自動車に注目が集まるのも無理ありません。

response.jp

次世代支援技術を搭載している車

さて、注目の日産自動車の軽規格のEVコンセプト「IMk」を見ていきましょう。

サイズは、軽規格でありながら中身は普通車並みと思われるかのように、「プロパイロット2.0」を改良進化させた次世代運転支援技術を搭載しています。

機能の1つにスマートフォンで自動的に駐車できる「プロパイロットリモートパーキング」が搭載されていたり、無人の「ニッサンIMk」が自ら空きスペースに駐車するなど機能満載されているのです。

軽規格にも関わらずパワフルな走りのなかにも快適さを持つ

近年、日本国内では軽自動車の普及率が高まっています。

そのうえ、環境問題を考慮した日産は、ちょうどいいサイズの車に乗りたいと思っているユーザーにEVという選択肢を加えて、「ニッサンIMk」の開発に取り組んでいったのです。

低重心のパッケージに新開発パワートレインを搭載させ、EVならではの力強く上質な走りと高い静寂性を実現させ、快適な走りを追求できました。

また、モーター駆動ならではのレスポンスの高いパワフルでスムーズな加速も追加されたのです。

坂道やあらゆる道路において、軽自動車の常識を覆すかのような走りを提供できます。

しかし、この車は、スマートフォンと連携させドライバー認証するために、防犯問題に欠点が考えられます。

このように便利さを持ち合わせても、防犯問題等今後の課題も浮き彫りとなってきているのです。

課題もクリアさせながら、快適空間を実現させる自動車のとうじょうが待ち遠しいとおもっています。

これからの自動車業界の変革が楽しみです。

 

f:id:car-like-oyaji:20191003100423j:plain

崩壊の一途を辿っていく日産自動車の行く末は!?

またも不正が発覚!!

先日、世間を揺るがすかのような内容をある週刊誌が報じたのです。

日産自動車経営陣による府政疑惑が「またか?」と思うように、あきれるような感じを受けたのを覚えるぐらいでした。

前社長の不正資金問題が発覚して、逮捕されるような形で地位を奪われてしまったのを尻目に、現社長にも不正資金の流動が見られたと情報が錯綜したのです。

その問題というのは、日産自動車社長西川氏における不正にかさ上げされて株式連動型報酬を受領した問題が発覚し、西川氏の経営責任を問われています。

headlines.yahoo.co.jp

前社長の不正と向き合ってきた経営陣が同じことを繰り返したのか?

これまで、前会長カルロス・ゴーン被告による不正を長年にわたり見逃してきており、経営トップとしての資質を疑問視されることが根強くなっていたのです。

そのため、昨年11月に日産は、ゴーン被告における巨額の役員報酬有価証券報告書に記載していなかったと不祥事が判明し、社内での経営を立て直すべく調査および後任選定作業などを進められています。

そこで、西川広人氏に白羽の矢が立ったのです。

しかし、立て直すどころか無資格者による完成検査実施などの不正が発覚したりと、経営は悪化をたどる一方となり、そこにきての西川氏の不祥事になりました。

headlines.yahoo.co.jp

西川氏の不正とは?

文芸春秋が今年6月に発売した月刊誌にて、西川氏が株価に連動して報酬を受け取る権利の行使日をずらして、本来受け取る金額より4700万円多く受け取っていたと疑惑を報じられたのです。

西川氏は、記者団に対して「本来のルールと違う形をとっていた」と釈明すると同時に、差額を変換する意向を示しました。

しかし、疑いが晴れることなく疑念の目を向けられ、西川氏によって行使日の変更をしたのではないかと問われ、「全くしていない」と関与を否定しています。

だが、火のないところに煙は立たずというように、世間でも信用を失う形となり、日産自動車の経営は一段と混乱の一途を歩むこととなり、経営の立て直しを再度行うことになってしまったのです。

西川氏においては、社内でも責任論を考えるように「風当たりが強まり」、今後の動向が注目となっています。

9月9日の取締役会において、西川氏は9月16日をもって退任すると発表されてのです。

このように、悪い流れがあるままにトカゲのしっぽ切りみたいな経営陣たちがいる日産自動車は、果たして経営の立て直しができるのでしょうか?

疑問に思うばかりの発表ばかりで、筆者自身あきれています。

トップクラスの技術を持っていても、経営で足を引っ張る形で技術者を放出するのではないかと、危機感を感じているのでしょうか?

このように感じている人は多くおり、日産自動車が崩壊していく状況を目のあたりにするのでしょう。

どんな経営陣になり、どんな経営方針になるのか、また、ルノーとの関係はどうなるのか注目したいですね。

今後の日産自動車の動向を見ていきましょう。

www.car-like-oyaji.com

f:id:car-like-oyaji:20190912105408j:plain

 

ダットサンブランドが消えゆく日産の経営事情

 

 

今の経営で存続できるのか?

経営不振の影響を受け事業改革を行っていく日産が、海外の生産ライン停止に加えて人員削減を刊行すると公表しています。

事業改革に伴い、新興国市場にて2014年に復活した「ダットサン」ブランドも存続が危ぶまれているのです。

その要因には、西川社長の会見にて、ライン停止の対象車種の1つににダットサンが挙げられています。

日産は7月に、2019年度・第一四半期決算発表の際、業績再建に向けられた改革の柱として、海外を中心に生産体制を縮小すると発表されたのです。

縮小策として、工場の一部ライン停止においての能力削減を、2018年度より着手していて2019年度までに8拠点で実施する予定で動いています。

更に、2020年度から2022年までには6拠点を追加する予定にしているのです。

その結果、1万2500人の人員削減策を打ち出し、路頭に迷う事になります。

response.jp生産ライン停止工場の詳細は?

西川社長は、対象となる工場の詳細は示しておらず、2011年から2016年度の中期計画である「日産パワー88」に投資した部分がかなり大きいと言われているのです。

その中で、車種ポートフォリオとして「ダットサン」や小型車を生産する工場と具体的な内容が説明されました。

日産パワー88は、世界販売シェアと連結売上高営業利益率を8%を目標と掲げましたが、どちらも未達成となったのです。

そのため、この計画を達成するためにカルロス・ゴーン前社長の新たな対策にて、新興国向けにダットサンブランドを復活させました。

2012年3月において、ダットサン展開に関する会見にて、ゴーン氏は新興国向け車種について「リスクではなくチャンスであり、投入しないでいる方がリスクとなる」と強調して述べられています。

ダットサンブランドはどんなものなのか?

今まででてきたダットサンブランドの車は、2014年3月よりインドを皮切りに、インドネシアなど4か国で販売を開始し、現在はアフリカを含む9か国まで展開しているのです。

そんな新興国で販売されている車種というと、「GO+」を含む6車種で、インド・インドネシア・ロシアの3か国において生産されています。

その6車種においての販売実績については、日産は公表していませんが、年間数万台規模と予想されており、今回の工場リストラの対象として含まれているのです。

以上の事より、西川社長は、ゴーン時代の「負の遺産」と対峙し、ダットサンがその一つとなります。

日産の歴史を振り返ると、戦後に海外進出する際に、ダットサンブランドで事業展開したのが始まりなのです。

そのため、企業名である国内ブランドの「日産」と2重構造が生まれたことを切っ掛けに、1981年より海外市場でのダットサンを廃止して、日産として1本化に着手した経緯があります。

当時の社長である石原俊社長の決断にて、80年代に膨大な費用と労力を要したプロジェクトも存在したのです。

このような歴史を持つ、日産が今回の事業改革で復活することができるのか疑問に思えます。

昔の日産と肩を並べれる体勢となるか、それとも日産ブランドが消えて行くのか動向が注目です。

今後の日産を見ていきましょう。

www.car-like-oyaji.com

f:id:car-like-oyaji:20190821113858j:plain

 

愛車シエンタとの生活~リコール修理・現状~

★お買い物マラソンセール 特価★ 送料無料 トヨタ シエンタ 170系 サイド ドアアンダーガーニッシュ ドアトリム 鏡面 高級感UP エアロ カスタム パーツ エアロ アクセサリー ドレスアップ SIENTA NSP170 NCP175G NHP170G 外装 新品 8pcs 1729

価格:12,660円
(2019/8/6 13:38時点)
感想(0件)

リコールの修理・点検では?

先日、リコール修理の郵便が届き、すぐにディーラーに連絡して状況を確認して修理の予約の連絡を入れ、7月7日の朝一で予約が取れました。

予約を入れてから、数日後になるために、それまでに重傷にならない事を祈るばかりです。

不安な気持ちいっぱいで、何もなければいいと思います。

ディーラーに連絡した時に、応対してくださった営業の方から、部品取り付けおよびパッキン追加+車の診断で、計1時間半から2時間ぐらいの作業時間となる事の説明されたのです。

その際、作業中の代車予約も同時に行って、準備万端となり不安な気持ちが更に押しかけています。

そうしているうちにリコール修理当日となり、ディーラーに車を預けに行き、代車に乗り換え変える道中に、「エンジンに異常があった時、どうしようか」と、不安な気持ちを持ったまま帰宅して、作業終了を待っていたのです。

無事、リコール修理完了したと担当営業さんより連絡が入り、異常がなかったことを伝えられて安堵しました。

f:id:car-like-oyaji:20190806123050j:plain

【10%OFFクーポン配布中!】 トヨタ シエンタ 170系 メーターパネル トヨタ シエンタ 170系 全3色 ドレスアップ カスタム パーツ アクセサリー セカンドステージ

価格:9,720円
(2019/8/6 13:39時点)
感想(3件)

2年目点検時にタイヤ交換を・・・!?

我が家の車は、8月後半で納車しており、今年で2年になります。

そのため、2年目の点検時期となり、前倒しで7月末に行うことにしたのです。

以前からタイヤの溝が無くなってきており、交換しなくてはならなくなってしまいました。

色んな店を回って、タイヤを探しましたが、知らないメーカーのタイヤをジェームスで見つけましたが、予算額を大幅に超えており、ディーラーでも見積もりをして貰いましたが、こちらも予算額を超えており、ネットで購入しようかと悩んでしまいましたが、色々なことを考えるとディーラーで交換してもらえば何か不具合が起きても即座に対処して貰えるために決めたのです。

もともと装着していたのが、横浜タイヤのブルーアースであり、柔らかく減りが早く感じており、燃費効率を考えてエアー圧を高めに設定したいたら、2年もたずに(29500㎞走行)交換する羽目になりました。

通常、タイヤ交換は30000㎞で交換した方がと言われているので、年数よりも走行距離で考えると妥当な次期だったのです。

今回、装着したのはダンロップエナセーブEC204であり、今までよりは低く設定して、エアー圧を2.6にしています。

交換して、若干ですが重く感じており、まだ数日なのであまり実感がなく走っていますが、燃費効率に影響がありそうな感じがして、燃費効率を含め調査中です。

今年の猛暑も関係しており、燃費効率は以前のタイヤ装着時(エアー圧2.8)より、かなり低くなっていました。(19㎞/L→14㎞/L)

車本体では、点検で異常もなく良好であることをお墨付きで、心配なく運転しています。

これで雨の日も安心して、楽しいドライブが出来る事、間違いなしです。

トヨタ シエンタ 170系 トリム フロントサイド & フロントロア & サイドドア & リアサイド & リアバンパー 外装5点セット 社外品 ドレスアップ 専用設計 強力 両面テープ 装着 簡単 高級感 耐衝撃 高品質 メッキ加工 カスタム 外装

価格:40,800円
(2019/8/6 13:41時点)
感想(1件)

今後の予定では愛車主体での移動に!?

8/7より妻の実家である福岡に帰省するためにタイヤ交換したので、これで安心して高速道路を走ることができるので、福岡を満喫でできます。

長期連休に、福岡に帰省することが多くなってきたので、車のメンテナンスは欠かせなくなってきているのです。

愛情をもって、愛車に寄り添って行けたならと思っている次第であります。

これからも、色んな事を掲載していきますので、ご覧ください。

www.car-like-oyaji.com

www.car-like-oyaji.com

www.car-like-oyaji.com

f:id:car-like-oyaji:20190314092041j:plain