日本導入予定なし!海外向けトヨタハイエースの全貌は!?

海外向けトヨタハイエースの新シリーズは?

2月18日にトヨタ自動車は、海外向け新シリーズの「ハイエース」をフィリピンで世界初公開しました。

今回の「ハイエース」は、新興国・地域における自動車市場が拡大し続けることから、物流や観光用、それに加え乗合バス等といった乗客輸送などの需要拡大が要因となり、多様なニーズに柔軟な対応するために開発されたのです。

世界初公開した新シリーズの「ハイエース」は、TNGAの設計思想に基づいた新開発の専用プラットフォームを採用したことで、乗り心地や静粛性、そのほかにも安全性能を大きく向上させました。

中南米、東南アジア、中東、東欧など、各国の様々な道路環境でも安心や安全を感じられるように、高い耐久性と長距離走行でも疲れない快適な室内を実現されています。

response.jp

ボディタイプどう変化した?

新シリーズのボディサイズが、どのように変わったのか注目してみましょう?

そのボディサイズには、ショートタイプの標準ルーフ仕様とロングタイプのハイルーフ仕様と、2タイプの設定となります。

また、エクステリアでは、セミボンネット化したパッケージを生かしつつ、ハイエースの「信頼感・力強さ・機能美」を継承を進化させて、快適かつ先進的な空間を思わせる

スタイルとなったのです。

そのうえ、インテリアでは、用途に応じた複数の座席や荷室のレイアウトを実現させています。

乗合バス用途の「コミューター」には、クラス最大の乗車人数17名を設定したのです。

その他にも新設定の「ツーリズム」には、快適装備や専用インテリアをさいようしています。

なお、バンタイプには、世界各国のパレットが搭載可能な荷室を確保し、大型ドアトリムポケット及び大型シート下収納等、機能性を高めたうえに、安心感をあたえる快適な内装デザインを採用しているのです。

新シリーズのエンジンには、2.8リットルディーゼルの「1GD」と3.5リットルガソリンの「7GR」の2タイプを設定しています。

安全面でも、ユーロNCAP5★相当の性能を醸し出す「トヨタセーフティセンス」を採用しているのです。

本当に日本での発売は無いのか?

今回、発表されたハイエースは、海外向け新シリーズであり、フィリピンでの発売を皮切りに、来年にかけ、新興国を中心とした国や地域に順次投入していく予定となっています。

残念ながら、市場環境の違う日本での販売は見込めません。

よって、従来モデルを継続していくようです。

近いうちに日本用の「ハイエース」のモデルチェンジがあるかもしれませんので、首を長くして待ち続けましょう。

f:id:car-like-oyaji:20190219154946j:plain