2面性を持ち備えたホンダN-VANとはどんな車なの!?

軽商業車に新たなる旋風を巻き起こすか!?

ホンダの人気であるNシリーズから軽商業車タイプのN-VANが2018年7月に発売されました。

販売開始して、7か月以上となり商業やレジャーなど幅広い分野で活躍しています。

そんな軽商業車部門で、しのぎを削るかのように、各メーカーが競い合っているのです。

車種を見てみると、ダイハツハイゼットカーゴ、ダイハツハイゼットキャディー、スズキエブリィ、三菱ミニキャブバン、マツダスクラムバン(スズキOEM)、トヨタピクシスバン(ダイハツOEM)、日産NV100クリッパー、スバルサンバーバン(ダイハツOEM)といったラインナップになります。

ホンダでは今まで、アクティバンが存在していましたが、現在は廃止となり、アクティバンに替わってN-VANが登場しました。

同じようなタイプでいうと、ダイハツハイゼットキャディーがあげられるのですが、N-VANは、ダイハツハイゼットカーゴやスズキエブリィなどハイウェイトに属します。

clicccar.com

N-VANはタレントなどがカスタム仕様提案

商業だけではなく、アウトドアなどにも使用するN-VAN

東京オートサロンなどにもいろんな仕様のN-VANが出展されていました。

筆者が印象に残っているのが、お笑いタレントのチュートリアル福田さんプロデュースの「FUKUDA-LAND」N-VANです。

チュートリアル福田さんはバイク好きで有名であり、バイクに関係するような仕様に作り上げていました。(ルーフにスピーカーが載るわ、車内から大型モニターが飛び出るわ、バイクが積めるわで、完全福田仕様となっていますが、福田さんは提案しただけですよ。)

また、キャプコンに変化させたりといろんなバリエーションが考えられるN-VANは、いろいろな要素を持ち備えた楽しめる車ではないでしょうか?

これからも見たことのないタイプで登場する予感が絶えません。

2019年1月の販売台数ランキングはどの位置に?

2019年1月の販売台数を見てみると、ハイゼットカーゴが5386台、N-VANが4925台、エブリィが4871台と、かろうじて2位となりましたが、過去7か月の販売実績で見ると3位となるのです。

やはり、実績や信用性が得られる車種が選ばれるという結論にたどり着きます。

しかし、ホンダも指をくわえて見ている訳はないはずです。

今後の戦略次第では、販売実績1位の座に就くのは、間もなくかもしれませんね。

f:id:car-like-oyaji:20190222153508j:plain