新型トヨタ「RAV4」の日本仕様が3月に発表か?

新型トヨタRAV4」日本仕様はどんなの?

 トヨタ自動車は、2月20日にウエブサイトを更新して、新型「RAV4」の日本仕様であるプロトタイプを初公開しました。

日本での発売は、2019年春頃としかアナウンスされておらず、ファンや購入検討している人たちには、不完全燃焼という気分ではないでしょうか。

新型「RAV4」は5代目となり、2018年のニューヨークショーでデビューし、Toyota New Global Architecture」構想に基づいたプラットフォーム採用し、新4WDシステム「ダイナミックトルクベクタリングAWD」(ガソリン車)と「新型E-Four」(ハイブリッド車)の、2種類パワートレインが設定されてます。

ガソリン車は2018年12月から、北米で2019年型モデルとして、販売が開始されているのです。

また、ハイブリッド車は、2019年3月から発売予定となっていますが、日本ではハイブリッド車、ガソリン車ともに、3月頃にデビューする予定とされています。

 

autoprove.net

トヨタRAV4」の歴史は?

トヨタ初代RAV4」は、 1994年に発売された5ナンバーサイズのCセグメントクロスオーバーでした。

しかし、その後は海外市場がメインとなりボディサイズを拡大したことで、グローバル展開に大成功。

そして、 日本においては、4代目RAV4が2015年に販売を終了し、海外専用モデルとなりたのです。

そして、今回の5代目RAV4は、最新のTNGA-Kプラットフォームを採用し、日本にカムバックします。

日本では、いつの間にか消えてしまっていましたが、復活するという事で、注目されているのは間違いないでしょう。

 5代目「RAV4」の特徴とは?

5代目新型RAV4のボディサイズは、全長4595mm、全幅1855mm、全高1660mmとなり、そしてホイールベースは、2690mmといったサイズのCセグメントタイプとなります。

注目の搭載エンジンは、北米仕様にはガソリンが2.0Lと2.5Lの2種類で、ハイブリッドが2.5Lエンジン+最新のTHS-Ⅱを搭載されます。

なお、ガソリンエンジンでは、いずれも新世代のダイナミックフォース・エンジンが搭載されるのです。

トランスミッションはガソリン・モデルは8速ATを採用されます。

その他にも4WDシステムでは、日産ジュークが採用している「トルクベクトル付ALL MODE 4×4-i」を発展させた「ダイナミックトルクベクタリングAWD」をガソリンモデルが採用しているのです。

またハイブリッドの4WDモデルはリヤに駆動モーターを持つ「E-FOUR」をラインアップするようになっています。

果たして、このような仕様で発売されるのか、期待が高まります。

今後のトヨタの発表に注目しましょう。

f:id:car-like-oyaji:20190226132126j:plain