ホンダの次世代EVが市販化に!!どんな車に仕上がった?

アーバンEVコンセプトが市販化に

ホンダは、2017年フランクフルトモーターショーで発表し、東京モーターショーで日本初公開された、EVコンセプトモデルの「アーバンEVコンセプト」をベースに、市販化のために改良した「ホンダeプロトタイプ」を、ジュネーブモーターショー2019にて、世界初公開するのです。

エクステリアには、ホンダのスモールカーで培ってきた技術をふんだんに生かし、走りの楽しさと愛着を感じるようなシンプルでクリーンなイメージしたように思えるつくりとなっています。

www.autocar.jp

ホンダeプロトタイプってどんな車?

注目を浴びそうなホンダeプロトタイプには、何と後方を確認するためのサイドミラーが付いていないのです。

しかし、その代わりとなる「サイドカメラミラーシステム」といった先進機能を取り入れることで、シームレスなボディデザインを際立たせています。

それに加え、ポップアップ式のドアハンドルなどを新たに採用したりしているのです。

また、インテリアではラウンジのような心地良い空間を作るために、上質な素材を使用しています。

そのほかにも、大型ディスプレイを採用することで、直感かつマルチタスクな操作が可能となり、コネクテッドサービスなどの、さまざまな機能を使用することができるのです。

この、ホンダeプロトタイプには、新開発のEV専用プラットフォームに、コンパクトなボディにしながら、ロングホイールベースと短いオーバーハングを実現しており、街中での取り回しの良さをもち、優れた走行性能を両立させています。

さらには、力強いモーターにより、後輪駆動での走りの楽しさを実現しながら、EV走行距離は200km以上を達成したのです。

気になる充電機能では、30分で80%まで充電可能な急速充電にも対応しています。

どれだけ集客を集めれるか?

現在、注目されているミラーレス仕様の自動車が、今後どれだけ認識され普及するのかは、未知の世界ではないでしょうか?

そんな中でも、ホンダが注目し、開発させている「サイドカメラミラーシステム」がどれだけ便利で使い勝手が良いものなのか、分からないところです。

しかしながら、近未来には、ミラーレスは当たり前の時代に突入するのは間違いないでは。

以上の事からを考えると、ホンダeプロトタイプは、注目すべき車と言えるでしょう。

注目すべきベースモデルの電気自動車ですが、2019年後半に生産開始する予定となっています。

2020年前半には、販売されるかもしれませんよね。

今後の動向を注目していきましょう!!

f:id:car-like-oyaji:20190228093937j:plain