VWトゥアレグは羊の皮を被った狼なのか!?

VWトゥアレグがモーターショーで初披露!!

フォルクスワーゲンは、3月5日より開催のジュネーブモーターショー2019にて、新型「トゥアレグ 」V8 TDI」の新開発ディーゼルエンジン搭載した車を初公開しました。

このトゥアレグは、フォルクスワーゲンブランドの最上級SUVとなっているのです。

今回、初公開したものが、3世代目となり、プレミアムクラスSUVの頂点を目指して開発されました。

2代目でも、課題となっていた車重量を新型は、さらなる軽量化を追求し、先代モデル比で、最大106kgの軽量化を果したのです。

これは、車両全体の48%にも及ぶアルミ素材を導入した効果と見られます。

response.jp

先代と新型はどれだけ違う?

では、この車の外観から見ていきましょう。

フロント部分では、大型のフロントメッキグリルを採用していたり、最新技術が導入されたLEDヘッドライトやリアには、流れるシーケンシャルウインカーを採用されているのです。

ボディサイズでは、先代より新型は拡大しているのが、見てわかります。

ワイドにしたうえに、ロング化されたボディのおかげで、室内空間が広がったことが実感できるのです。

室内空間が広がったことで、荷室容量も、先代の697リットルから810リットルになりました。

SUVでは珍しい、オプションでの電動トノカバーが選択できます。

羊の皮を被った狼の真意は如何に??

発売当初は、欧州向けのパワートレインを2種類のV型6気筒ディーゼル(最大出力は231psと286ps)を用意していました。

そして遅れて、最大出力340psのV型6気筒ガソリンが設定されたのです。

では、今回ジュネーブモーターショー2019で初公開される、新開発ディーゼルに視点を向けてみましょう。

この新しいV型8気筒ターボディーゼルエンジンは、4.0リットルの排気量であり、最大出力421psに最大トルク91.8kgmを発生させます。

このようなスペックは、現行フォルクスワーゲン車で最強となったのです。

フォルクスワーゲンからすると、スーパーカーに匹敵するぐらいの91.8kgmという強力なトルクのおかげで、0~100km/h加速4.9秒、最高速250km/h(リミッター作動)の性能を発揮させます。

この性能だけをみると、確かにスーパーカーにしか思えませんが、間違いなくSUVなのです。

今後は、各メーカーにおいてもトゥアレグ並みのSUVが、開発されて世に出てくるのではないでしょうか?

楽しみに動向を見守っていきましょう。

f:id:car-like-oyaji:20190305152728j:plain