ジュネーブモーターショー2019にてマツダの新型SUV「CX-30」がデビューに!!

マツダの新型SUVとは?

マツダは、3月5日より開催されているジュネーブモーターショー2019において、新型クロスオーバーSUVの「CX-30」を世界初公開しました。

ちまたでは、CX-3の新型だろう」という予想が飛び交っている中、予想を反するように、新規の“コンパクトクロスオーバーSUVを発表したのです。

その名称も「CX-30」となり、今まで数字部分は1桁だったのが、ついに数字部分が2桁になっていまいました。

見た目は、新しいCX-3かとおもうようなスタイルをしていますが、CX-3ではなく新型マツダ3をベースになっており、マツダのラインナップにおける「中核を成す」モデルと説明されています。

response.jp

「CX-30」はどこに位置にするの?

マツダラインナップの新世代第2弾となるCX-30は、「CX-3」と「CX-5」との中間に位置するのです。

マツダは2010年から「魂動(こどう)-SOUL of MOTION」というデザイン哲学をもとに、生命感あふれるダイナミックなデザインのクルマを創造しているようです。

そして、「クルマに命を与える」、これはマツダの哲学であり、普遍的なものとして、今後も継続しながら伝統に繋げていきたいとしています。

一方で、その価値を継続させるために、常に深化させることが重要だとマツダは考え、これからの世代では日本の美意識を礎とした「新たなエレガンス」の表現を追求されているのです。

 

ボディサイズなどはどうなの?

気になるボディサイズは、全長4395mm×全幅1795mm×全長1540mm。

CX-3よりもひとまわり大きくて、それでいてCX-5よりはすべてが小さいというのです。

ライバルである日産キャシュカイと事実上同サイズであり、荷室容量は430ℓとなっており、荷室容量もキャシュカイと同等となります。

プラットフォームをはじめとする基本メカニズムは、(日本では「アクセラ」の後継となる)マツダの最新モデル新型「マツダ3」と共通なのです。

そのCX-30に搭載されるエンジンは、2.0Lガソリンと1.8Lディーゼル、そして、圧縮着火技術を採り入れたスカイアクティブXを含む最新世代のユニットを搭載するというようにアナウンスされています。

また、パワーユニットにはAWDが設定され、トランスミッションは6速マニュアルとオートマティックとなりそうです。

そして内装は、運転席側に向いた8.8インチのセンター・インフォテインメント・スクリーンを搭載され、アップルカープレイやアンドロイドオートに対応するようにもなっています。

なお、メーターは、デジタルとアナログを混在させた構成となっているのです。

はたして、この新型SUV「CX-30」は、日本でいつ販売になるのか注目しましょう。

f:id:car-like-oyaji:20190306092637j:plain