ジュネーブモーターショー2019で注目のスバルコンセプトカーが登場!!

注目のスバルコンセプトカーを初披露!!

スバルは、ジュネーブモーターショー2019において、コンセプトカーが「SUBARU VIZIV ADRENALINE CONCEPT(ヴィジブ アドレナリン コンセプト)」を世界初公開しました。

そんなスバルですが、2018年7月に発表しました新中期経営ビジョンSTEPで、今までよりもデザインを大胆な表現へと進化させていくことを発表しているのです。

そして、このコンセプトカーは、新ビジョンに乗っ取って新デザインを目標や理想を具体的に実現した最初のモデルというわけになります。

response.jp

SUBARU VIZIV ADRENALINEはどんな車?

今回、世界初公開されたコンセプトカー「SUBARU VIZIV ADRENALINECONCEPT (スバル ヴィジヴ アドレナリン コンセプト)」ですが、前後のフェンダー部分に樹脂パーツ処理を施しており、「DYNAMIC x SOLID」によるSUBARU XVと方向性としては同じです。

そして、より大胆なスタイリングになっていることは一目瞭然ではないでしょうか。むしろ、フロントなどは実質的に樹脂フェンダーであると思えるほどです。

このような樹脂パーツの新デザインキーワードである、「BOLDER」の本質的な価値でではなく、あえて樹脂パーツをなくした状態を想像することにより、「BOLDER」の目指す姿を感じることができるのではないでしょうか。

また、フロントの樹脂パーツで隠されてはいますが、前後ドアを貫くようなキャラクターラインがバンパーから、前後ドアの境目付近まで一直線に引かれているのが確認でき、リヤドアの中ほどから、すっと下がるようにしてボディの中に溶けこんでいます。

こうした処理は、現行のスバル車に採用され、「DYNAMIC x SOLID」でも使われているものです。

これまでのデザインフィロソフィーを否定するのではなく、着実に進化させていると感じられます。

見た感じドアノブもなく、面や線の表現を重視したデザインスタディといえるような、コンセプトカー「SUBARU VIZIV ADRENALINE CONCEPT」は次世代のスバルデザインを示しているのです。

もうひとつ注目したいのは、キャビンがコンパクトであり、リヤドアのウインドウが小さく見えることではないでしょうか。

当然ですが、スバルといえば視界を確保することを重視し、それを「0次安全」という言葉でアピールしています。

新コンセプトカーの「BOLDER」デザインでは、「0次安全」をそれほど重視しているように見えません。

しかし、このコンセプトカーには、ドアミラーをカメラモニタリングシステムに置き換えられているのです。

その、カメラモニタリングシステムは、画角の自由度が高い装置となっており、その技術を上手く活用して、0次安全とスタイリングを両立しているのだと思います。

果たして市販化になるのか?

一方では、SUBARU e-BOXER車の欧州市場での販売は2019年秋からの予定となっているため、注目されています。

その反面、欧州仕様のe-BOXERもメカニズムは、日本でAdvanceグレードに搭載されているモーターアシスト型ハイブリッドですが、ボクサーエンジンを主役に、走る愉しさをモーターならではの好レスポンスで演出するe-BOXERは、欧州でどのように評価されるの未知とされているのです。

果たして、今回のコンセプトカーは、市販化されるのか、市販化されれば、人気車種になること、「間違いなし」と言えます。

今後、スバルの動向に期待しましょう。

f:id:car-like-oyaji:20190306104847j:plain