遂に発表!!三菱ekワゴンがフルモデルチェンジして予約販売開始に!!

新型車の販売はいつ頃?

三菱自動車は、3月28日発売予定の新型軽乗用車である、「ekワゴン」と「ekクロス」2車種の予約注文を3月14日から受け付けを開始しました。

この車は、日産自動車三菱自動車の動弁会社であるNMKVが、企画および開発を手掛けており、日産自動車エンジニアリングが主導で行われています。

また、生産に関しては、従来どおりに三菱自動車水島製作所で作られるのです。

約6年ぶりのモデルチェンジとなる新型車は、プラットフォームやエンジンまたCVTなどあらゆる面を刷新しており、内外装デザインまでもが大きく変化しています。

 

response.jp

追加設定されたekクロスはどんな車!?

新型車には、新設定された「ekクロス」

そのekクロスは、ブランドメッセージである“Drive Your Ambition”を体現したデザインとして、三菱自動車が得意としているSUVテイストを盛り込んだ、新型クロスオーバーモデルとして、世に放ちました。

名前の由来は、SUVらしい力強さと軽ハイトワゴンを掛け合わせた(クロスさせた)ことで、由来します。

さらに、新採用されたハイブリッドシステムによって、低燃費に加え力強い走りを実現し、探究心を持ち、新たなことに挑戦したいという、ユーザーの気持ちに応えるというのです。

しかし、車体価格などの詳細は、未定とされています。

注目の安全機能などの進化は如何に!!

約6年ぶりのフルモデルチェンジとなった、eKワゴンには、運転のしやすさや快適性向上によって、日常での使いやすさを追求しているほか、軽自動車では初となる高速道路同一車線運転支援技術「MI-PILOT」を一部グレードにメーカーオプション設定として搭載させたのです。

「いつもよりもっといろいろな場所へ行ってみたい」というユーザーの声を聴き、思いに応えるということから、実現しました。

余談でありますが、この技術は日産自動車の新型車にも採用されます。

また、ekクロスの姿を見ると、巷では、軽版「D:5」という声も広まっています。

確かに、筆者自身もそのように感じられるので、すごく購入したいという気持ちが、高まっているのです。

最近は、CMなどで注目されているスズキスペーシアギアなどのクロスオーバーモデルに人気が集中しており、「遊び感覚でお手ごろさで軽自動車で」という事があらゆる年代に、好まれるという良い結果に、結びついたのだと思います。

果たして、ekクロスやekワゴンが、対抗馬として確立できるか楽しみです。

f:id:car-like-oyaji:20190315133347j:plain