初のモデルチェンジ!トヨタアクアはどのような様変わりをするのか!?

トヨタアクアは本当にモデルチェンジするの?

人気のハイブリッドコンパクト車である、「トヨタアクア」がフルモデルチェンジするという、情報が聞こえてきました。

現在では、日産ノートe-POWERが登場したことにより、築き上げていた牙城を脅かされてきたアクアが、初のフルモデルチェンジによって、差をつき離すことができるのか、注目しましょう。

それでは、簡単にアクアの経緯を見てみたいと思います。

そんなアクアは、2010年のデトロイトモーターショーで公開されたプロトタイプの「FT-CH」が起源となっているのです。

その後、2011年1月に「プリウスC コンセプト」へ進化しており、2011年11月には、アクアとして発表され、発売されました。

登場してからというと、燃費・価格やサイズ感などに優れた実用性が評価され、新車販売で4年連続の1位に輝くなど、人気モデルの地位を確立したのです。

そして、2014年12月と2017年6月に二度に渡り、マイナーチェンジが行われました。

デビューから7年以上が経過しようとしている時に、遂に2代目となる新型にバトンタッチされるのです。

response.jp

新型はどんな感じ!?

定かではありませんが、新型車には、TNGAプラットフォームが採用され、軽量化にこだわりそうです。

サイズでは、5ナンバーを維持する形で、全長1.7mをキープし、居住空間をアップさせる見込みと考えられます。

エクステリアデザインでは、2013年東京モーターショーで公開した「Premiアクア」がベースになると予想され、エッジの効かせたスポーティさに高級感を融合するような予感です。

注目は、新型アクアの燃費には期待しそうですね。

現行モデルと同様に、ハイブリッド専用モデルとなるのは間違いなく、パワーユニットには、1.5リットルNR型エンジン+電気モーターを搭載されるとの予想です。

現行モデルの燃費での38km/リットルは当たり前で、プリウスの40.8km/リットルを超える43km/リットルから45km/リットルが予想されます。

また、トヨタブランドの次世代4WDである、「E-Four」の設定が予想されているのです。

安全技術では、最新世代の「トヨタセーフティセンス」である「レーントレーシングアシスト」や「アダプティブハイビームシステム」、「レーザーレーダー」に「ローンサイドアシスト」などを装備されそうですね。

発表はいつ頃でどんなデザインなのかなぁ?

予想CGを見ると、トヨタのCセグの流れを盛り込んだデザインになっています。

また、側面には、付けられた凹凸により作られたラインで、立体的なシルエットに表現され、タイヤハウスを取り巻くラインによりワイド感もアピールしているのです。

なお、フロントグリルもクラウンのような大口径のグリルにシャープな大型二連のヘッドライトを装備と存在感がある感じになっています。

さらに、コーナーエアインテークから中央につながっているような羽型のデザインバーもポイントの一つになりそうです。

ワールドプレミアは2019年12月もしくは、秋に開催される東京モーターショー2019でのお披露目にと、期待できるのではないでしょうか。

今後の発表を注意深く、注目しましょう。

f:id:car-like-oyaji:20190318204657j:plain