驚きの数字が!!交通事故の32%が追突事故という真相は!?

危険性の理解度の低迷

近年、あおり運転の話題が、絶えずに飛び交っています。

ニュースには、取り上げられていない事例も多く存在している中、悪質なあおり運転は論外ですが、適正な車間距離を保つことなく走行しているという事は、安全を考えると大きな問題があるのではないでしょうか?

道路交通法の中に、「車両等は、同一の進路を進行している他の車両等の直後を進行するときは、その車両が急に停止したときにおいてもこれに追突するのを避けることができるため必要な距離を、これから保たなければならない(26条1項)」とあることは、ご存知ですか?

筆者自身も、道交法など詳しく知りませんでした。

実際に、車間距離保持義務違反で捕まるドライバーは、後を絶たちません。

統計結果では、高速道路おいて、速度超過、通行帯違反に次ぐ3番目の件数となっています。

このような違反が多いことで、適正な車間距離がわかっていないことは、危険性の理解度が低いためと考えられるのです。

www.webcartop.jp

実証実験の結果でなぜ視界が狭くなる?

どうして、十分な車間距離を確保しないといけないのか、その理由には3つあります。

一つ目は、安全上の理由であり、道路交通法にも明記され、前方を走行する車が急ブレーキをかけたときでも、追突事故を起こさないためということが理由なのです。

現在、交通事故全体の約32%が追突事故が発生しており、交通事故での死傷者数も約35%が追突事故によることが統計結果から出ており、車間距離の重要性が一目瞭然であります。

また、道路上に落下物が落ちていた際でも、車間距離が近ければ避けることなど不可能なうえ、飛び石も食らいやすくなってしまうのです。

以上の事からも、前方を走行する車に接近しすぎると、視界も狭くなるうえに、アクシデントへの対応も遅れ、避けられる事故も避けられなります。

二つ目は、渋滞の発生を防ぐうえに、燃費を向上させることができ、そのうえに移動時間を短縮することができるのです。

高速道路では、「車間距離約40m」を維持することより、渋滞する原因を吸収させる「渋滞吸収運転」となり、渋滞を防げるというのです。(「渋滞学」で知られる、西成活裕教授(東京大学先端科学技術研究センター)の研究)

つまり何が言いたいかというと、車間距離を取らずに接近しすぎることで、渋滞の原因につながります。

最後には、周りのドライバーに緊張感を与えたりして、与えられないようにする事が重要です。

不要なトラブルの要因と成りそうなのが、車間距離が近すぎるために、前方を走行する車へ威圧感を与え、あおり運転ととられ、それでなくても車間距離が近いことで、前方を走行する車のドライバーに不快な気持ちにさせます。

しかし、必要以上の車間距離を広げると、流れをせき止めらだけでなく後続車のドライバーに不快な気持ちにさせ、自車前方に割りこまれたりするので逆効果になるのです。

果たして事故は減るのか?

それでは、適切な車間距離とはどれぐらいなんでしょうか?

一般的に 適切な車間距離とは、前走車の2秒後ろの距離だと言われています。

その内訳としましては、危機を認識しブレーキを踏むまでが1秒、そしてブレーキが効果を発揮するまで1秒の合計2秒です。

具体的にいうと、速度から距離を割り出した結果、40㎞/h=22.2m、60㎞/h=33.3m、80㎞/h=44.4m、100㎞/h=55.5mという数字となります。

あおり運転を考慮して、ドライブレコーダーを購入する前に、この公式ともいえる「車間距離=2秒」の走りをすることを心がけませんか?

その行動が、追突事故やあおり運転を防ぐための最良の方法と言えるのです。

そして、保険としてドライブレコーダーを取り付けてはいかがでしょう。

f:id:car-like-oyaji:20190319140210j:plain