噂のポルシェ・カイエンクーペ登場!!新たなSUVの成功への道筋となりえるか!?

以前から噂があったカイエンクーペがデビュー

2019年3月22日に、ポルシェは新型車である「カイエンクーペ」を発表。

以前からカイエンにクーペタイプが、追加されるという噂が聞こえてきていました。

SUVでは、国産車に勝ることなく、輸入車のなかでも新車販売台数で大きく占めているのが、カイエンなのです。

日本でも絶大な人気を誇るカイエンですが、初代カイエンはポルシェブランドでは、初のSUVとして誕生し、アウディQ5の兄弟車といえる存在でありながら、ポルシェらしさを醸し出すような切れ味鋭いスポーティ感があふれ出しそうな走りによって不動の地位を築き上げています。

 

www.webcg.net走りを売りにしているカイエンクーペが更にスポーティー

新型カイエンクーペは、特徴的なリヤセクションのシャープなラインに、アダプティブリアスポイラーを装備し、独立したリヤシートが目に付きます。

そして、2種類のルーフコンセプト(標準装備の固定式パノラマガラスルーフとオプションのカーボンルーフ)が用意されていのです。

外観では、ダイナミックなプロポーションに加え、カスタムデザイン要素が追加され、エレガンスな雰囲気を醸し出しています。

さらに、クーペ独特の特徴的なシルエットを引き立てるような、固定式ルーフスポイラーにより、強調されているのです。

カイエンより、低いフロントウインドウとAピラーは、約20mm下がりルーフエッジに作用し、再設計されたリヤドアとフェンダーにより、リヤトレッドが18mmワイドになったことで、全体的に力強い印象が増しました。

ナンバープレートの位置が、バンパーに統合されたことで、車両はより低く見えるのも特徴的です。

キャビンには、大人4名が乗れるように広々とした空間に仕上げられ、フロントは、インテグレーテッドヘッドレストに8ウェイ電動調節を備えた新しいスポーツシートが、抜群の快適性に加えて、フォールド性も実現しています。

リアでは、独立式ベンチシートが特徴的で標準装備されているのです。

また、カイエンではお馴染みであるコンフォートリヤシートを、追加料金なしで注文することも可能となっています。

カイエンよりも30mm低く設定された後席により、後席の頭上にも十分なスペースが確保されました。

ラゲッジ容量も625Lというサイズで、後席を折りたたむことで1,540L(カイエン ターボ クーペ:600リッターから1,510リッター)まで拡張できます。

注目のパワーユニットは、デビュー時には、2種類のガソリンエンジンが用意されるようです。

3.0リッターV型6気筒ターボエンジンは、最高出力250kW(340ps)と最大トルク450Nmを発揮し、もう一方は、トップモデルである「カイエン ターボ クーペ」に搭載される4.0リッターV型8気筒ツインターボエンジン、最高出力404kW(550ps)と最大トルク770Nmを発揮するエンジンを、タイプ別に搭載されます。

グレード設定追加で向かう先は?

よりスポーティで、ボディバリエーションを追加して、「カイエンクーペ」が加わったことで、ライバルであるBMWメルセデス・ベンツなど、豊富なラインナップであることでも分かるように、現在のSUVでは、バリエーション強化が必須といえる時代といえ、ポルシェカイエンは、当然の追加とも言えそうです。

ランボルギーニ・ウラカンの登場により、熱が入ってきたクーペスタイルのSUV市場ですが、どれだけの数字が確保できるのか未知の世界といえます。

クーペスタイルのSUV市場で、ポルシェカイエンがクーペが追加されたことで、さらに販売台数争いが激化しそうです。

ファンにとっては、日本への導入が待ち遠しいと思います。

f:id:car-like-oyaji:20190327163533j:plain