軽自動車販売1位はやっぱりあの車だった!?

4連覇達成したN-BOXに死角なし

4月4日に、全国軽自動車協会連合会は、2018年度(2018年4月~2019年3月)における軽四輪車通称名別新車販売台数(速報)を発表しました。

首位になったのは、4年連続となる「ホンダN-BOX」が、前年度比率の7.3%増となる23万9706台で、貫禄の首位となったのです。

そして、2位には、「スズキスペーシア」が、前年順位である6位からジャンプアップし、前年度比率の39.3%増となる15万8397台と、首位であるN-BOXてゃ、8万台以上の差が開きました。

また、3位には、「ダイハツタント」が、前年度比率の5.9%増となる14万2550台と、1位や2位に差を開けられる結果となったのです。

2018年度の軽自動車販売台数ランキング上位10車は、以下となります。[]内は前年順位、()内は前年比です。

1位[1位]:ホンダN-BOX 23万9706台(7.3%増・3年連続増)
2位[6位]:スズキ・スペーシア 15万8397台(39.3%増・3年連続増)
3位[4位]:ダイハツ・タント 14万2550台(5.9%増・4年ぶり増)
4位[3位]:デイズ(日産)14万0053台(2.6%増・2年連続増)
5位[2位]:ダイハツ・ムーヴ 13万2320台(9.1%減・3年ぶり減)
6位[7位]:ダイハツ・ミラ 11万1757台(7.2%増・2年連続増)
7位[5位]:スズキ・ワゴンR 10万2553台(15.4%減・2年ぶり減)
8位[8位]:スズキ・アルト 7万5516台(9.5%減・4年連続減)
9位[10位]:スズキ・ハスラー 6万4464台(0.5%減・4年連続減)
10位[9位]:ホンダN-WGN 5万6599台(19.0%減・2年連続減)

response.jp

新車販売総合でもN-BOXが首位を

国内での新車市場における軽自動車が際立っている昨今、日本自動車販売協会連合会全国軽自動車協会連合会が、発表した2018年度新車販売ランキングにおいて、ベスト10位内に7車種の軽自動車がランクインしています。

その中でも、ひと際、際立っているのが、2年連続首位の「ホンダN-BOX」であり、ランキング上位を軽自動車が独占しているのです。

2018年度の新車販売台数ランキング上位10車は以下の通りとなります。[]内は前年順位、()内は前年比です。

1位[1位]:ホンダN-BOX 23万9706台(7.3%増・3年連続増)
2位[9位]:スズキ・スペーシア 15万8397台(39.3%増・3年連続増)
3位[5位]:ダイハツ・タント 14万2550台(5.9%増・4年ぶり増)
4位[4位]:日産デイズ 14万0053台(2.6%増・2年連続増)
5位[3位]:ダイハツ・ムーヴ 13万2320台(9.1%減・3年ぶり減)
6位[6位]:日産ノート 13万1760台(0.5%増・3年連続増)
7位[7位]:トヨタ・アクア 12万7899台(0.8%減・5年連続減)
8位[2位]:トヨタ・プリウス 11万5123台(22.8%減・2年連続減)
9位[10位]:ダイハツ・ミラ 11万1757台(7.2%増・2年連続増)
10位[8位]:スズキ・ワゴンR 10万2553台(15.4%減・2年ぶり減)

 

どこまで記録を伸ばせるか期待がかかる

日本自動車販売協会連合会全国軽自動車協会連合会は3月6日に、3月の車名別新車販売台数(速報)を発表し、軽自動車が7か月連続でトップ3を独占したのです。

3月の車名別新車販売台数でも、「ホンダN-BOX」が、前年同月比率1.6%減で、7か月連続のマイナスとやや下降気味にも関わらず、唯一2万台超えで、19か月連続トップをキープしています。

これからも、俄然首位を守り抜くであろう「ホンダN-BOX」の販売台数を伸ばせるのか期待したいと思う、今日この頃です。

f:id:car-like-oyaji:20190405113133j:plain