2020年型ホンダ・ヴェゼルが登場!!追加グレードがあるのか?

ホンダヴェゼルとは?

ホンダヴェゼルは、3代目ホンダフィットがベースにと、開発が進められ、2013年にデビューしました。

デビュー以降には、爆発的人気を得ており、順調に販売実績を高めていましたが、2016年に、トヨタC-HRが登場してからは、販売が伸び悩み、新型への開発着手が、急務となってきたのです。

そんな状況下に、次期型ホンダヴェゼルの情報が、流れてきました。

クロスオーバーSUV市場で、独走してきた人気モデルのホンダヴェゼルが、トップに返り咲くためにと、発売より6年経過した状況で、2代目にと交代されます。

clicccar.com

2代目はクーペタイプに!?

予想CGを見てみると、ウインドウ部分を若干ですが、伸ばしているように見え、Cピラー後部に厚みと傾斜を持たせており、シルエットがクーペスタイルに見えるのです。

サイド部分は、既存のキャラクターラインをフロント部分まで繋げ、ひと回りさせたことで、躍動感を感じるようなデザインとなっています。

そのうえ、タイヤハウスにも同じようにラインを入れたことで、ボディにワイド感をもたせることができたのです。

また、フロント部分には、コの字型の大型LEDやNSXバリのシャープなデザインに、左右吸気口を纏わせ、押し出し感持たせたことで、迫力的な顔つきと仕上がっています。

そして、次期型においては、プラットフォームを刷新し、ホイールベースが、若干ですが延長して、移住空間をアップするのではないかと予想されているのです。

ホンダヴェゼルの中身は?

次期型ホンダヴェゼルのパワートレインでは、1.5リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンがラインアップされます。

また、ハイブリッドでは、、現行モデルでの1モーター式「i-DCD」に代わり、最新世代といわれる「i-MMD」高性能ハイブリッドモデルがラインアップするようです。

2モーター方式に代わることから、電気モーターがメインとなることで、スムーズな走行性を実現させられます。

しかし、パワートレインには、持ち越される可能性があり、燃費、走行性、加速性能が向上すると予想されているのです。

さらに、ヴェゼルでは初となるPHVが、設定される可能性が高いと噂されています。

はたして、噂通りの車に仕上がってくるのか、期待されますが、ワールドプレミアは2020年後半と予想されており、真意はどうなるのか注目です。

また、PHVは、遅れて2021年以降の登場となる見込みですので、今後のホンダの動向を見ていきましょう。

f:id:car-like-oyaji:20190408103120j:plain