メルセデスベンツから新たなる刺客が登場!!

新小型SUVを上海モーターショーで発表!!

メルセデス・ベンツは、上海モーターショーにおいて、新型コンパクトSUVコンセプトである「GLB」を初公開したのです。

この「GLB」は、市販仕様に改良されてうえで、今年後半から量産を始める予定となっています。

勢いの衰えをしらないコンパクトSUV市場において、ボルボXC40や、ランドローバー・ディスカバリー・スポーツまた、、BMW X1や、アウディQ3と争うとしているのです。

コンセプトGLBは、箱のようなオフロード・デザインであり、4WDの4マティックを採用し、量産モデルでは、5人乗り、または7人乗りになる予定になっています。

ラインナップを見ると、登場予定である2代目GLAと、改良新型のGLCとの間に位置し、MFAアーキテクチャーを採用した、8番目になるモデルとして登場するのです。

コンセプトもでるは、市販仕様に比べると、外観のタフさを強調しおり、豪華仕立てにしています。

外観では、ワイドなホイールアーチ、サイドシルの形状に、ルーフライトや、カーゴボックスなどが、コンセプト専用として装備されているのです。

www.autocar.jp

GLBコンセプトのサイズなどはどうなの?

メルセデス・ベンツ・GLBコンセプトのサイズは、全長は、4634mm、全幅は、1890mm、ホイールベースは、2829mmとなっています。

ライバルである、アウディQ3(英国仕様)と比較すると、149mm長くそして、34mmワイドな形状となるのです。

そのうえ、ホイールベースは、Aクラスより約100mm長くなっています。

インテリアでは、ナッパ/ヌバック・レザーを組み合わせたラグジュアリーな空間を演出して、ウォルナットのトリムや、アルミ削り出しのパーツで豪華に仕上げているのです。

当然ですが、市販仕様では、ここまで華やかな内装ではないと思われますが、基本的なレイアウトでは、コンセプト同様に維持されると考えられます。

計器関係では、デジタルメーターや、インフォテインメント・パネルなどは、同じプラットフォームを採用する他のモデルと共通させるのです。
しかし、センターコンソールには、GLB特有のスタイルとしており、タッチパッドカップホルダーなどを設置しています。

また、ステアリングコラムにシフトレバーが、配置されているのです。

GLBでは、標準仕様の5人乗りモデルに、オプションで7人乗りを用意し、2列目では140mmスライドし、3列目の乗員のレッグルームを確保することができます。

また、2列目のバックレストには、8段階に傾けることが可能になっているのです。

GLBコンセプトのスペックは?

コンセプトGLBが、搭載しているエンジンには、2.0ℓ4気筒ガソリン・ターボ(M264型)を横置きユニットで、2ステージの可変バルブタイミング機構を採用しており、市販モデルのトップグレードにも、同エンジンが搭載される予定になっています。

GLB250(市販モデルのトップグレード)は、最高出力が、224psに、最大トルクは、35.6kg-mといった仕様になるようで、この他にも、市販モデルには、ディーゼル仕様に加え、AMGモデルも登場する予定となっているのです。

ちなみに、AMG GLB35(発売時に追加)のスペックは、最高出力は、302psで、最大トルクは、40.8kg-mとなります。

トランスミッションは、8速デュアルクラッチを採用し、駆動力では、4マティック・システムを介して四輪に届けられ、ドライブモードには、エコ、コンフォート、スポーツを用意しているのです。

電動タイプやハイブリッドタイプもあるの?

EV仕様であるEQBは、2021年末までに登場する予定であり、空力を高めた専用フロントフェイスにし、ドライブトレインには、前後アクスルに1基ずつのモーターを搭載する2モーター式を採用します。

このドライブトレインは、今後登場するEQAにも採用される見込みなのです。

EQA用のバッテリー容量は、少なくとも60kWh以上と思われ、航続可能距離では、500kmを走行できるようなものを予定しているのです。

しかし、EQBは車重量が重いことから、大型バッテリーを搭載することが、検討されています。

また、メルセデスでは、プラグインハイブリッド車もラインナップするのではないかと予想されているのです。

2.0ℓ4気筒ガソリン・エンジンに加え、前輪用モーターをギアボックスにマウントし、ZF製のリア・アクスルには、後輪を駆動するための第2のモーターが内蔵されます。

リチウムイオン・バッテリーによる航続可能距離では、100km走行可能としているのです。

GLB(市販モデル)は、9月に開催されるフランクフルト・モーターショーで初公開される予定となっています。

価格は、発表されていませんが、某車サイトの予想価格が、英国向け価格3万1000ポンド(455万円)前後になると予想しているのです。

メルセデス・ベンツには無かったタイプの車種なので、注目される事間違いないと筆者は思います。

秋の発表に、期待しながら動向を見ていきましょう。

www.car-like-oyaji.com

f:id:car-like-oyaji:20190416131929j:plain