遂に出たレクサスブランドのミニバンが!!

レクサスブランドのミニバンとは?

4月16日に中国で開催中の、上海国際モーターショー2019にて、レクサスブランドで初のミニバンタイプである、新型車「LM(LM300h)」を世界初公開したのです。

トヨタアルファードとは、車体共有するものの、3列シートではなく、2列としており、独立させた4席にして、ビジネスクラス以上といわれるような、豪華で快適な空間を作り上げています。

レクサスLMは、最上級シリーズの中のサルーンの「LS」、クーペの「LC」、SUVの「LX」に加わる新たなモデルであり、レクサスにとって5番目のフラッグシップモデルで「最上級の空間」を実現したラグジュアリーミニバンとなるのです。

response.jp

デザインはトヨタ車ベース?

デザインや車両全体のフォルムは、「トヨタ・アルファードヴェルファイア」酷似しており、アルファードなどと共通の部分も多く使用されていますが、レクサス車オリジナルである、デザインアイコンのスピンドルグリルで、フロントマスクを覆うことにより、オリジナリティーを演出しています。

ヘッドランプユニット内部には、鋭い目つきを印象付けるような、L字型のシグネチャーをレイアウトし、ボディーサイドには、ウィンドウラインとBピラーに、メッキパーツが、Z字型に配され、そのうえ、左右が連続するコンビネーションランプを備えるリアエンドを装備しており、レクサスならではの意匠を散りばめられているのです。

 

中身はどのようになっているのか?

やはり注目は、後席のインテリアに目が行きます。

室内には、前席空間と後席空間を隔壁で分けたリムジン仕様となっており、前席と後席の間には、大型の液晶スクリーンを備えた“壁”で完全に仕切られ、ラグジュアリーを極めた空間となっているのです。

車の運転をお抱え運転手に任せ、オーナーが座るとされる2列目シートは固定式のアームレストを備えた左右独立タイプとなり、インフォテイメントシステムやエアコンのスイッチが備えられ、3列目をなくしているために、完全にリクライニングすることも可能となります。

スペックなどは、詳しく発表されていませんが、今回は、2.5リットルハイブリッドの「LM300h」のみが発表されましたが、これからの販売計画や価格、また、日本での導入などについては明かされていません。

しかし、日本導入はあり得ると考えている筆者ですが、今後のレクサスやトヨタからの発表に注目していきましょう。

www.car-like-oyaji.com

 

f:id:car-like-oyaji:20190417142600j:plain