ホンダ新型EV車の正式名決定して年内発売に

新型EV車名が「ホンダe」に決定!!

ホンダが、発売を予定している新型EVシティカーモデルの車名が「ホンダe」であることを公式に認めたのです。

それに加えて、年内後半に欧州で発売を予定しています。

この車は、2017年のフランクフルト・モーターショーにて、「アーバンEV」として初登場したもでるであり、今年3月において、ジュネーブ・モーターショーで、市販仕様に近いといわれる試作車の「ホンダeプロトタイプ」として初公開されたのです。

そして今回には、その車名がプロダクション・バージョンにも引き継がれることが判明しています。

そんなホンダでは、これまで技術的な詳細は発表していませんが、ジュネーブ・モーターショーにて開発者が、「100ps/30.6kg-mを上回るスペックになるだろう」と、話していたのです。

www.autocar.jp

欧州で年内販売に

ホンダでは、ホンダeに関心を示したヒトの数が、英国だけでも6500人を超えると説明しており、価格帯は明らかになっていないものの、噂では、予想価格が3万5000ポンド(502万円)程度になると言われています。

このホンダeは、日本で製造されると予想されており、2019年後半に、限られた欧州市場で発売されそうです。

それ以外の地域においては、2020年の販売開始となる見込みであり、日本のショールームにも並ぶことには間違いないと思われます。

スペックなどはどうなるの?

eプロトタイプでは、EV専用プラットフォームを採用しており、小型ボディでありながら、ロングホイールベースに加え、短いオーバーハングを実現して、街中での取り回しの良さと優れた走行性能を追求するように考えられたのです。

そして、力強いモーターと後輪駆動により、走りの楽しさを実現しており、航続距離は200km以上を達成しています。

注目すべき充電部分では、30分充電で、バッテリー容量の80%まで、充電が可能な急速充電にも対応するようになっているようです。

次世代型ともいわれる、「ホンダe」が量産体制になってから、どれだけの実績を上げていけるのか、注目すべきではないでしょうか?

外観も、女子受けしそうなレトロでキュート感を、複合させた車が、どれだけの価格帯になるのか気になります。

近い将来に、日本の街中をさっそうと走る姿が、目に浮かんで来るようです。

筆者は、正式な発表を、期待しながら待ち続けたいと思います。

www.car-like-oyaji.com

 

 

f:id:car-like-oyaji:20190510110037j:plain