ホンダシャトルがマイナーチェンジ!貴重な5ナンバーワゴンがより上質感に!!

外観と質感を向上させてスタイリッシュに変身

2019年5月10日にホンダは、コンパクトステーショーンワゴンである「シャトル」を一部改良して、内外装デザインを刷新するなどリフレッシュして発売するのです。

ホンダ・シャトルは、5ナンバーサイズで扱いやすいコンパクトボディーに、優れた燃費性能を醸し出し、ホンダ独自のセンタータンクレイアウトが生み出す多彩なシートアレンジなどにより、広く快適な室内空間が特徴で、カローラ・フィールダーとともに5ナンバーサイズでのステーションワゴンタイプとしては、貴重な存在になっています。

リヤビューのシャープさを際立たせるために、テールゲートとリアコンビネーションランプのデザインを一新したのです。

また、アウタードアハンドルに、サイドシルモールや前後バンパーまわりなどには、クロームメッキパーツを配して上質感を高めています。

 

ほかにも、防音材の見直しによる静粛性の向上、先進の安全運転支援システム「ホンダセンシング」にオートハイビームなどの安全面のアップデートも行われています。

前走車や対向車を検知し、自動で切り替えするなどし、良好な視界確保に貢献するとともに、切り替え操作の頻度を低減するなど、商品の魅力を高めているのです。

response.jp

 内装に力を入れた感じが!!

内装においてもクオリティアップが図られており、上質な光沢感のあるピアノブラックを採用しています。

インテリアの加飾に、ピアノブラックを採用したうえに、シートデザインも刷新され、新たに本革シートが設定され質感を高めているのです。

また、リヤセンターアームレストには、カップホルダーが追加されて、使い勝手も向上しています。

パワートレインでは、1.5リットル・アトキンソンDOHC i-VTEC+i-DCDのハイブリッドと、1.5リットル直噴DOHC i-VTECエンジンの2種類です。

ラインナップには、ハイブリッドタイプでは、「ハイブリッド・ホンダセンシング」、「ハイブリッドX・ホンダセンシング」、「ハイブリッドZ・ホンダセンシング」となります。

また、ガソリン車では、「G・ホンダセンシング」の4タイプに、それぞれFFと4WDの駆動方式が設定されるのです。

そんなシャトルの価格帯は?

そんなシャトルの価格帯は、以下のようになります。

1.5LアトキンソンDOHC i-VTEC+i-DCD(7速DCT)を積むハイブリッド仕様が2,118,960円〜2,721,600円。

1.5L直噴DOHC i-VTEC(CVT)のガソリン仕様「G・Honda SENSING」の2WDが1,775,520円、4WDが1,969,920円です。

www.car-like-oyaji.com

www.car-like-oyaji.com

f:id:car-like-oyaji:20190513105215j:plain