フェラーリから1000馬力のプラグイン・ハイブリッド登場

フェラーリ初となるプラグインハイブリッドカーとは?

フェラーリは、フェラーリ初となるプラグインハイブリッド(PHV)スーパーカーの「SF90ストラダーレ」を発表したのです。

なお、「SF90ストラダーレ」には、同社製モーターを採用していることを同時に、発表しました。

跳ね馬の歴史上において、最もパワフルで、最も先進的で、最も加速性能の高いロードカーであります。

SF90という名前は、F1の2019年シーズンに参戦するマシンより、得たもので、開発期間中では、プロジェクト173というコードネームが使われていたのです。

 最も注目すべきは、1000psというシステム最高出力であります。

フェラーリを37ps上回っており、フェラーリ史上、最もパワフルなロードカーということになるのです。

 完全にリデザインされたというエンジンは、ターボを低くマウントしており、フライホイールを小さくすることで、重心を下げることに成功しました。

 V8に組み合わされるのは、3基のモーターであり、2基がフロント、1基がリアのエンジンとギアボックスの間に搭載されます。

 SF90ストラダーレは、なんと四輪駆動なのです。

 比較的小さなリチウムイオン・バッテリーパックを、プラグインで充電することが可能であり、エンジンをジェネレーターとして利用することもできます。

 そして、新型フェラーリの加速性能は期待を裏切らないものになっているのです。

response.jp

SF90ストラダーレのスペックは?

・エンジン:F154ツインターボV8

・排気量:3990cc(488ピスタは3902cc)

・エンジン最高出力:780ps/7500rpm

・エンジン最大トルク:81.6kg-m/6000rpm

・モーター最高出力:220ps(3基合計)

・バッテリー容量:7.9kWh

・EV航続可能距離:25.7km

・EV最高速度:135km/h

SF90のV8+モーターというパワーユニットに組み合わされますが、新開発の8速デュアルクラッチ・オートマティック・ギアボックスとなります。

 このドライブトレインで、達成されるパフォーマンス・スペックは、

0-100km/h加速:2.5秒

0-200km/h加速:6.7秒

最高速度:341km/h

と発表されているのです。

 パワーモード・セレクターも新しくなり、eマネティーノと名付けられています。

 ドライブモードでは、バッテリー走行である「eドライブ」、初期値の「ハイブリッド」、バッテリーのフルチャージにエンジンを活用する「パフォーマンス」、モーター出力を最大限使用する「クオリファイ」という4種類を用意しているのです。

 プラットフォームは新開発され、跳ね馬初のシリーズ・プロダクション複合素材シャシーで、アルミニウムとカーボンファイバーを使用しています。

 乾燥重量は、なんとラ フェラーリを15kg下回る1570kgとなっているのです。

 パワー・トゥ・ウェイト・レシオは、フェラーリのロードカーとして最も優れている値を達成しています。

 ねじれ剛性は、従来型プラットフォームから40%も向上しているのです、

 

デザインや空力を駆使したSF90ストラダーレ

SF90ストラダーレの技術としては、新開発となるエレクトリック・サイド・スリップ・コントロール(eSSC)が挙げられます。

 また、エンジンとモーターが発する出力を、状況に応じて各輪に配分するよう設計されたトラクション・コントロールを実現するもので、ブレーキ・バイ・ワイヤ制御システムを搭載しているのです。

 そして、ブレーキングトルクには、油圧システムとモーターに分配されおり、ハードブレーキング時には伝統的な油圧ブレーキを回生のためだけに使用されています。

 さらに、フロントアクスルには、トルクベクタリング・システムを導入しており、内外輪のトラクションを制御するのです。

 このようなテクノロジーを採用するSF90の外観は、実に刺激的で、フェラーリのヘリテージと最新の空力の最適解を求めたものとなります。

 SF90ストラダーレには、標準型と「アセット・フィオラーノ・パッケージ」という2種類のボディスタイルが用意されるのです。

 アセット・フィオラーノ・パッケージは、サーキット走行のために快適性をいくぶん差し控えた仕様になります。

 丈の高いリアスポイラーを装備し、内装を簡略化しており、カーボンパーツの使用により、30kgの軽量化を果たしているのです。

 キャビンエリアは、これまでのフェラーリより20mm低くなっており、跳ね馬のデザインキューでもあるフライング・バットレスは大型化されています。

 「C」の形をしたヘッドライトには、マトリックスLEDを使用し、ブレーキの冷却に使う吸気口が傍らに設けられているのです。

 SF90の内装は、全く新しいものになっており、ダッシュボードには新しいインターフェイスと16インチのデジタルメーターを装備しています。

 すべてのインフォテインメント機能、車両設定は、これを介して行いますが、空調と運転支援機能についてはステアリングに設置されたアイコンを利用しているのです。

 SF90の価格は、現時点では未発表でありますが、50万ポンド(6912万円)〜75万ポンド(1億369万円)との噂もあります。

 果たして、どんな値段が発表されるか注目しましょう。

www.car-like-oyaji.com

f:id:car-like-oyaji:20190605141558j:plain