きわめて認知度が低い緊急停止装置は助手席から使える!?

Pレバーを引っ張り続けることで緊急停止するボルボ

近年、ペダル踏み間違いや操作ミスによる事故が急増しているのが、TVなどによく取り上げられたりしているのです。

そんな中、メーカーによっては、操作しにくい車などで、レバー操作ミスによる事故防止のために緊急停止装置について説明していきたいと思います。

まずは、ボルボの現行タイプであるXC90以降では、助手席の横に引き続けることで緊急停止する機能の付いたレバーがあり、TVニュースなどで紹介された(先代XC60のように付いている旧世代車もあるがレバーは運転席の右下)などです。

これを操作することで、助手席から車両を安全なうえに素早く止められます。

また、色んなメーカーのモデルでも、取り扱い説明書に同じような記載があると解ったのです。

clicccar.com

ガリバーの中古車探しのエージェント

現行「日産リーフ」や新型のBMW3にも装備されている

次に現行の日産リーフでも、電動パーキングを採用しており、ボルボ同様に、しっかり稼働して停車します。

そんな、電動パーキングブレーキを採用している最近の日産車には、同じシステムを採用されているのです。

最後に新型のBMW3シリーズでも、他の車同様に稼働して停車し、その他にも買うメーカーの主力である車種が電動パーキングブレーキを採用しており、現行フォレスターの取扱説明書や、マツダの電動パーキング採用モデルの取扱説明書に同じ記載(下記)がされています。

❏ブレーキシステム(フットブレーキ)が故障した場合は、非常ブレーキとして電 動パーキングブレーキスイッチを引き続けることで車両を停止させることができ ます。

■非常ブレーキを使用中は、メーター内の電動パーキングブレーキ作動灯および電 動パーキングブレーキスイッチ内の作動表示灯が点灯し、ブザーが鳴ります。

❏非常ブレーキの使用は、緊急時のみにしてください。

■過度に使用するとブレーキ部品が早く摩耗したり、ブレーキが過熱して効かなくなることがあります。

そして問題になるのが、「アクセル全開状態で稼働するか」ということです。

ボルボとリーフは、アクセル全開状態においても、緊急停止操作をすると、まずパワー絞った後に、後輪にフルブレーキが掛かります。

BMW3シリーズでも、パワー絞ってブレーキ掛けるのです。

他の車両の取扱説明書を見てみるとと、パワーを絞るかどうかは、記載されていませんが、パワーを絞らなければ単なるサイドブレーキ機能となります。

ボルボV60で連続10回くらい緊急停止試験をしてみましたが、ボルボによると、「試しても普通の急ブレーキと同じなのでどこかに不具合が出ることはありません」、ただ停止した後でも、アクセルを踏み続けていると、再スタートするので、止まったらアクセルを戻すことが大切なのです。

メーカーによっては、停止し続けるようになっています。

クルマ欲しい!新車見積MOTA

困惑するなら習うよりも実践あるのみの操作

この機能は、使用してみないと覚えないと言われています。

助手席に「引っ張る人」を乗せ、アクセル全開にし、 速度上げる必要は無いので、すぐ引っ張って試して欲しいのです。

これを3回くらい練習しておくと、いざと言うときに操作出来るようになります。

繰り返すことで、このような緊急手順を、覚えるだけでなく、実際に練習することが大切なのです。

説明を聞くだけで、できる訳ではありませんので、高齢者講習でやるのも手だと思います。

もう一つの安全デバイスの「速度リミッター」についても様々なことが判明しているのです。

後付けの安全装備はいずれも少なからぬ出費を必要とされ、速度リミッターの場合には、物理的な部品は不要だとなります。

ほぼ全ての車に搭載されています制御コンピュター内に、制限速度を決める行があるのです。

普通では、「180」(日本仕様車)や「140」(軽自動車)という数字を入れ、その行に「80」などの数字を入れれば速度リミッターになります。

つまりコンピュターの書き換えることで、費用が書き換え手数料だけで済む(具体的には5千円程度)のです。

また、高齢者講習でアクセルペダルからブレーキペダルへの踏み替え時間が基準より掛かると判定されることで「眼鏡等」と同じく、免許条件に「80km/h速度リミッター」などと入れることで、すぐに対応可能となります。

 

上限速度を80km/hくらいにしておくことで、自動ブレーキ機能で衝突時のエネルギーを大幅に抑えることが出来ると考えられるのです。

 

高齢者用の「サポカー」認定車などを作り、踏み間違い防止制御や、赤信号と一時停止標識、進入禁止標識に対し、自動ブレーキを掛けるようになっていれば、大半の暴走事故を防ぐことが出来るようになると思われます。

 

このような事案を、国交省経産省、警察で基準を決めて欲しいと思うのです。

www.car-like-oyaji.com

www.car-like-oyaji.com

f:id:car-like-oyaji:20190613131616j:plain