ドラレコの最も活用された証拠映像をカーメイトが調査に

ドラレコメーカーが交通トラブル実態調査を実施!!

ドライブレコーダーのメーカーであるカーメイトは、製品ユーザーを対象にした交通トラブル実態調査を実施したのです。

そんなドライブレコーダー装着車の映像で、最も活用されたと言われるのは「側面衝突」でした。

その調査は、5月29日から6月4日までの期間で行い、製品ユーザーを対象に実施され、7932人から有効回答を得たのです。

response.jp

 『ホットガレージ』川口本店の(有)ミキセイキです。
中古車、事故車、故障車、不動車を積極的に買取します。
1200社以上の業務提携先から国内・海外市場ベスト査定額をリサーチ。
全国無料査定、無料引取、書類手続きも無料です。

交通トラブルの要素や対処には数々あった!!

こうした調査の結果、「最も危機を感じた車でのアクシデント」の回答では、1位に「急な割込み」で23%、2位には、「あおり」で15%など、迷惑運転が約4割を占めています。

そして、3位には日常的に加害者になりやすい、「自転車の飛び出し」が13%を占めていたのです。

実際に事故や事件につながったケースでは、1位に「後ろからの追突」で36%、2位には、「横からの衝突」で23%と、不意に起きる衝突事故が全体の約6割にも達しています。

その他にも、「自転車の飛び出し」の8%や駐車中のトラブルも1割近くあり頻度の高さが窺がえたのです。

そうした、事故や事件に至った際に、もっとも効果的な対応(複数回答)については、1位で「警察への通報」、2位には、「保険会社に連絡」になっています。

続いて「ドライブレコーダーでの映像確認」や「ナンバーを控える」など、説明材料となるものが続いたのです。

事故に遭遇した際に、ドライブレコーダーの映像が役に立ったシチュエーションでは、1位に「横からの衝突」で23%、2位には「後ろからの追突」で18%、そして3位には「急な割込み」で15%となります。

警察や保険会社への状況説明に使用したり、もめた際の事故処置時間の短縮や過失割合の交渉に役立てるほかにも、衝突後逃げられた際や、駐車中のトラブル等にも活用されているのです。

ドラレコ録画方法の割合は?

ドライブレコーダー装着車で、現在使用しているドライブレコーダーの録画方法については、「前方録画」が75%、「前後録画」は23%どまりであり、「360度録画」はたったの2%になります。

しかし、今後欲しいドライブレコーダーのタイプを聞くと、「360度録画」が55%、「前後録画」が37%、所有ドラレコの7割以上を占める「前方録画」はわずか3%だったのです。

そんな中、「360度録画」を選んだ人の多くは「横からの衝突」「全方位撮れる」点の安心感をあげ、「前後録画」を選んだ人では「前だけでは怖い」「あおりや追突対策」などの理由をあげています。

 

このようにドライバーのほとんどの方が、ドラレコの重要さを理解されているのです。

自分自身を守るためには、大切な装置の1つであることを、理解して頂きたいと思っています。

www.car-like-oyaji.com

www.car-like-oyaji.com

f:id:car-like-oyaji:20190620094246j:plain