2020年型レクサスGXが刷新されスピンドルグリルを纏って登場に!!

押し出し 感を強調した大型化グリルを装備した

6月18日にレクサスは、2020年モデルのレクサス「GX」を米国で発表したのです。

初代レクサスGXは、2003年にデビューし、トヨタランドクルーザープラドを豪華に仕上げたモデルとなっています。

レクサスのSUVラインナップでは、『RX』と『LX』の中間に位置するミッドサイズSUVとなり、2代目レクサスGXは、2009年11月に発表され、現行のランドクルーザープラドをベースに、レクサス向けの専用エクステリアを採用されたのです。

プラドとの外観の違いは、フロント部分が中心になっています。

グリルでは、プラドは縦基調であり、GXでは横基調のメッキ仕上げになっているのです。

ヘッドランプでも内部のレンズ配置を変えています。

リアでは、テールランプをLED化にして、バンパーのデザインをプラドとは違うレクサス仕様に変更しているのです。

この度、発表された2020年型は、現行GXのデビューからおよそ10年を迎えるのを機に、2度目の大幅改良を受けたモデルとなっています。

その2020年型GXの注目ポイントは、なんといっても新しいフロントマスクではないでしょうか?

スピンドルグリルを大型化し、押し出し感を強調しており、従来の横基調のメッキデザインから、スポーティなブラック仕上げのL字モチーフのブロックメッシュパターンに変更しているのです。

2020年型GXは、最新のレクサスの表情へと一新しています。

トリプルビームLEDヘッドランプも新採用し、「スポーツデザインパッケージ」をオプション設定しているのです。

フロントのロワグリル、ドアミラー、エキゾーストパイプなどがマットブラック仕上げになり、ガンメタル塗装の19インチアルミイホイールなどが装備されています。

response.jp

格安カーシェア【SKY CACR SHARE】

最新コネクトを採用して刷新された

インテリアには、空調とヒーター付きのフロントシートを採用し、スポーツデザインパッケージで、2列目シートがキャプテンシートになるのです。

オプションでウッド&レザーのヒーター機能付きステアリングホイールを用意し、セミアニリンレザーも新仕様になっています。

「プレミアム」「ラグジュアリー」グレードには、アルミ製トリムを施したグレーのSapeleウッドが装備され、マルチメディアシステムには、同時に3つのセクションを表示できるカスタマイズ可能なホームスクリーンを備えたタッチスクリーンを新採用したのです。

オプションのナビゲーションシステムには、3Dマップビューを導入することになっています。

リアシートには、2つのUSBポートを追加し、モバイル機器電力を供給するUSBポートは、合計で4個に増えているのです。

「レクサス・エンフォーム・セーフティ・コネクト」により、レスポンスセンターへの24時間365日のアクセスが可能になり、「レクサス・エンフォーム・サービス・コネクト」を利用することで、メンテナンスに関するリマインダーが送信されるとともに、レクサスディーラーでのメンテナンスがスムーズに受けられます。

また、「レクサス・エンフォーム・リモート」サービスを利用することで、スマートフォン、スマートウォッチ、「グーグル・アシスタント」「アマゾン・アレクサ」対応デバイスを使用し、ドアのロック解除、エンジンや空調の始動、燃料残量の確認などが遠隔操作で行えるのです。

兄弟車のランクルプラドにはない4.6リットルV8エンジン搭載に

気になる搭載エンジンに変更はありませんが、プラドに設定の無い4.6リットルV型8気筒ガソリンエンジンを搭載し、最大出力301hp、最大トルク45.5kgmを発生します。

また、トランスミッションには、6速ATを組み合わせているのです。

2020年モデルには、「レクサス・セーフティ・システム+」を全グレードに標準装備しています。

そのうえ、歩行者検知機能付きのプリコリジョンシステム、車線逸脱警報、インテリジェントハイビーム、高速のダイナミックレーダークルーズコントロールなどの安全装備がそうびされているのです。

外観も装備も刷新された、2020年型レクサスGXが優雅に街中を走る姿を、早く見たいと思います。

www.car-like-oyaji.com

f:id:car-like-oyaji:20190620102916j:plain