13年目にフルモデルチェンジするルノー・カングー

ルノー・カングーはどんな車なの?

ルノーMPVである「カングー」の次期型プロトタイプを、スクープされました。

ルノーは、初代カングーを1997年に発売されたのです。

商用車としての実用性を追求した、背の高いラゲッジルームやストレージスペースも持ちつつ、優れた乗り心地が評価されています。

欧州においては、郵便車の代名詞となっているのです。

そんな「カングー」は、日本市場には2002年に投入され、その実用性とコミカルなデザインやポップなカラーがRV車としての人気に火をつけました。

2007年に、第2世代が発売(日本導入は2009年)されています。

ボディを大型化しながらも、変わらぬコンセプトに多彩なグレードなど、限定車の展開によって根強い人気を保ち続けているのです。

カングーは、商用バンをベースとしたMPV市場を牽引してきており、気がつくと、シトロエン・ベルランゴや、プジョービッパー、そして、VW・キャディーや、フォード・トランジッドなどの強力なライバルたちが追従してきて、第3世代にバトンタッチされます。

response.jp

次期型カングーの特徴は?

今回、スクープされたプロトタイプは、開発初期段階であるため、フルカモフラージュされていますが、カングー特有のチャーミングなボディスタイルはキープされていることがわかるのです。

その次期型のヘッドライトには、ルノー最新世代であるコの字型LEDデイタイムランニングライトが予想され、グリルに2本バーを装備し、フロントエアインテークが上下二分割されます。

従来よりも多少ですが、いかつい表情になりそうです。

そんな次期型のリアを見れば、カングーの特徴ある観音開きのハッチが継承されていることがわかります。

なんと注目は、エキゾーストシステムを持っていない点であり、この開発車両がフルEVの可能性があることを示唆しているのです。

現在、カングーは、EVバージョンである「カングーZ.E.」を欧州で、すでに販売しており、その新型コンセプトは、4月に公開されています。

次期型カングーは、このコンセプトからインスパイアされたデザインが予想されているのです。

次期型カングーのパワートレインなどはどうなのか?

注目されるパワートレインは、最高出力が、80ps、95ps、115psを発揮する1.5リットルdCiディーゼルエンジンのほかに、フルEVをはじめとし、PHEVなど電動化が進みそうな予感。

次期型ルノー・カングーのワールドプレミアは、2020年内が予想されます。

人気の高い、次期型ルノー・カングーのとうじょうが待ち遠しい気持ちです。

www.car-like-oyaji.com

www.car-like-oyaji.com

f:id:car-like-oyaji:20190624131617j:plain