車のナンバープレートはいろんな種類がある!?

日本国内で使用されているナンバープレートはさまざまな種類が存在します。

なかには、名産品や観光名所などで、その土地を象徴するイラストが描かれた地方版図柄入りナンバーや宮内庁で使用されている皇族ナンバー、そして臨時に使用する仮ナンバーなどです。

そんなナンバープレートの特性について、国土交通省担当者のお話をご紹介します。

地方版図柄入りナンバーとは!?

「地方版図柄入りナンバー」は、“走る広告塔”として地域のPRなどを目的として作られたものなのです。

ナンバープレートには、フルカラーとモノトーンの2種類のデザインがありますが、ナンバープレートの料金に追加で、1,000円以上の寄付金を足すと、フルカラーのナンバープレートを選べます。

また、寄付金は地域の振興事業や交通サービスの改善などに使用されることになっているのです。

2018年から交付が始まり、地方版図柄入りナンバーは、申し込み総数が交付予定のものを含めると約63,000件(2019年2月時点)となっています。

そのやなかでも、広島東洋カープとコラボした福山、人気キャラクターの「くまモン」が描かれた熊本、そして夏の風物詩として知られる七夕祭りのイラストが描かれた仙台が申込件数の上位になっているのです。

gazoo.com

仮ナンバーとは!?

ナンバープレートに赤い斜線や囲いをしているナンバープレートを、見たことがある思います。

これらのナンバープレートは「仮ナンバー」と呼ばれており、赤い斜線のものは「臨時運行許可番号標」であり、、赤い囲いのものは「回送運行許可番号標」という臨時でしようする2種類のナンバーなのです。

臨時運行許可番号標」とは、未登録自動車の新規登録や車検切れの車を公道で走らせるために、市町村等から貸与を受けるものになります。

「回送運行許可番号標とは、自動車関係の業者が販売や登録、検査・整備などのために自動車を回送運行する場合に使用するた、、運輸支局等から貸与を受けるものです。

皇族ナンバーとは!?

宮内庁御料車に使用される自動車登録番号標の様式は、昭和33年に定められました。

皇族ナンバーには、ナンバープレートの部分に菊の紋章や、右上に皇室専用の円形のプレートがつけられており、通常のナンバープレートとは全く異なるものとなります。

円形のプレートには、上下に文字が配列されており、「皇」の文字と番号がふられているのです。

また、浮き出し文字幅は4mm、銀色地に金文字で描き、直径100ミリなどと細かい規定が定められています。

アルファベットナンバーとは!?

日本の公道を走っている車のナンバーには、主にひらがなが使用されておりますが、米軍基地などの付近などでよく見かける「E」「H」「K」「M」「Y」などのアルファベットのナンバーは、駐留軍人軍属の私有自動車につけられるナンバープレートなのです。

直接使用する機会はありませんが、走行中に気になるのが、他車のナンバープレートではないでしょうか?。

いままで紹介したナンバー以外にも、外務省や世界各地の大使館などで勤務する外交官が使用している車には「外」「領」という漢字が描かれているナンバープレートが使用されています。

それぞれの意味を知っておくことで、ドライブ中にも新しい発見があるかもしれませんので、楽しみの1つになるかもしれませんね。

f:id:car-like-oyaji:20190626100607j:plain