よどみがなく美しいスタイルを誇り日本デビューに

抜群の役立ちをするプジョー508SWとは?

プジョー・シトロエン・ジャポンは、プジョー「508」ステーションワゴンモデル「508 SW」の発売をスタートしたのです。

サルーンの概念をすべて変える」をテーマにし、2019年3月に日本市場デビューした、スタイリングや走行性能、先進機能などの゙高い評価を得た「508」に、待望であるステーションワゴン「508 SW」が追加されました。

「508」がサルーンの概念を打ち破るといわれた、4ドアファストバックという大胆なスタイルを採用したのと同様に、新型「508 SW」もステーションワゴンの概念を打ち破るようなユニークなスタイルが与えられています。

エレガントに下降しているルーフラインに、ボンネットの左右から始まるダイナミックなプレスラインが、それぞれに伸び、テールゲートへと進み、強い印象を残すようなダイナミズムを表現しているのです。

「508 SW」はサルーンのスタイリングテイストはそのままにしており、リヤオーバーハングを4cm延長しています。

SWならではのデザイン性とユーティリティが加わっているのです。

ワゴン化することで室内空間を拡大に

インテリアでは、ドライビングのために用意されたインターフェイス「i-Cockpit」がさらに進化しています。

囲まれ感のあるコクピットには、入念に選択されたマテリアル、卓越したクオリティでパッセンジャーに極上の空間を提供いるのです。

「i-Cockpit」では、「レーン ポジショニング アシスト」「アクティブ クルーズ コントロール」「ナイト ビジョン」「アクティブ セーフティ ブレーキ」といった各種先進機能の操作も行われます。

2列目シートのヘッドクリアランスは、サルーンと比較してみると、約4cmのゆとりが生まれており、後席の居住性が大幅に向上しているのです。

また、ラゲッジスペースは、530リットルを確保しており、後席を畳んだ場合には1780リットルという大容量を誇ります。

response.jp

荷室のユーティリティレベルが向上した

「508 SW」は、ファストバックスタイルである「508」で特長的だったユーティリティの高さをステーションワゴン化することで、さらにひとつ上のレベルに引き上げています。

専用装備としては、「ラゲッジフックレール」「セパレーションネット(ドッグネット)」「ステンレスシルプロテクター」「トノカバー」「ルーフレール」を採用しているのです。

ラゲッジシルはファストバックと比較すると30mm低く、24mm幅広く設計され、荷物の積み下ろしのしやすさを大幅に向上しています。

また、リヤシートのワンタッチフラット機能と電動テールゲート(GT LineとGTに標準装備)は、ファストバックと共通の仕様となっているのです。

シャシーは電動化も見据えた発展性と能力に定評あるという、グループPSAの主力プラットフォーム「EMP2」に、アクティブサスペンション、リヤにはマルチリンクサスペンションを組み合わせています。

このくるまは、プジョーらしい、しなやかな乗り心地とダイナミックなハンドリングや静粛性を実現しているのです。

パワートレーンは、サルーンと同様に、CO2排出量クラス最小レベルの環境燃費性能で定評のある2.0リッター直列4気筒クリーンターボディーゼルの「Blue HDi」と、ダウンサイジング1.6l直列4気筒ガソリンターボ「PureTech」を搭載されています。

「Blue HDi」は、最高出力130kW(177ps)、最大トルク400Nm、「PureTech」は最高出力133kW(180ps)、最大トルク250Nmを発揮するのです。

車両本体価格は?

508 SW Allure:442万円(税込)

508 SW GT Line:484万円(税込)

508 SW GT BlueHDi:517万円(税込)

と、お手頃価格に設定されています。

新たなプジョーの戦略で注目の1台に、なっているように思うのです。

response.jp

f:id:car-like-oyaji:20190701094508j:plain