新型ヤリスはマツダ製ではなかった?その真相は如何に!!

新型ヤリスをスクープした

トヨタのコンパクトハッチバック「ヤリス」(日本仕様での現行名はヴィッツ)の新型プロトタイプが、ニュルブルクリンクに出現したのです。

トヨタは4月に、ニューヨークモーターショー2019において、北米向けヤリスを公開していましたが、欧州及び日本仕様とは異なるデザインになると、予想されており、これが初のスパイショットとなります。

response.jp

日本仕様と北米仕様は別物に!?

北米仕様のヤリスといえば、マツダデミオOEMとして開発され、マツダ製1.5リットル直列4気筒ガソリンエンジンを搭載しているのです。

しかし、日本仕様ではOEMとはならずに、トヨタが独自で開発している可能性が高いと言われています。

新型プロトタイプ開発車両は、かなり厳重にカモフラージュされており、シルエットは、明らかにデミオベースの北米仕様とは、全く違っているのです。

現行車と比較すると、サイド部分をよく見ると、ミラーの位置が修正されており、サイドスカートを装備しています。

前後フェンダーには、厚みを持たせ、かなりアグレッシブなデザインも予想されるのです。

新型ヤリスのホイールに注目!!

新型プロトタイプにおいての注目ポイントはホイールです。

現行型の高性能モデル「GRMN」でさえ、4穴ホイールなのに、新型プロトタイプには5穴ホイールが採用され、ハブ剛性を高める必要性があるのだろうと予想できます。

そんな、新型ヤリスの走りに期待が高まるのです。

リアエンドでは、テールライトが完全に隠されておりデザインは不明ですが、リアウィンドウ真下に厚みのある偽装が見られます。

これは左右がつながるLEDストリップライトとなる可能性もあると考えられるのです。

注目すべきパワートレインは、新開発の1.3リットル直列3気筒ガソリンエンジン、及び1.5リットル直列3気筒ガソリンエンジンをラインアップするほかに、1.5リットル直列3気筒+電気モーターのハイブリッドが設定されます。

今回捉えられたプロトタイプは、リアウィンドウにハイブリッドを示す黄色いステッカーが貼られているのが見受けられるのです。

日本仕様もグローバル名である「ヤリス」が採用される可能性がある新型は、予想するにワールドプレミアは、やはり10月の東京モーターショーになるのではないでしょうか?

正式にどんな姿で、登場してくるのか、気持ちが昂ります。

今後、トヨタの発表に注目していきたいと思うのです。

www.car-like-oyaji.com

f:id:car-like-oyaji:20190708095033j:plain