打倒N-BOX!!全方位で大幅進化した新型ダイハツタント

DNGA第1弾はどんな車になったのか!?

ダイハツは、新世代の車づくりである、DNGA第1弾として、軽スーパーハイトワゴン「タント」をフルモデルチェンジして、7月9日から販売を開始したのです。

タントと言えば、2003年の発売以来から圧倒的な室内空間の広さと使い勝手の良さを売りにして、スーパーハイト系という新市場を開拓されました。

2代目においては、軽自動車初となるピラーインドア「のミラクルオープンドア」を実現し、2013年から発売した3代目には、両側パワースライドドアを採用し、幅広い世代から好評を得ており、ダイハツの基幹車種になります。

今回、発売になった4代目タント新型は、「新時代のライフパートナー」をキーワードにして、全世代の顧客ニーズに応えるように、良品廉価な商品として開発されたのです。

また、タントの室内空間の広さやミラクルオープンドア機能を最大限活かし、新設定された「ミラクルウォークスルーパッケージ」の使い勝手の良さをさらに向上させています。

新型は2代目タントから受け継いできたミラクルオープンドアを継続し、運転席のスライド幅を最大540mmに拡大したことにより、運転席と後席間の移動や、ピラーインドアから運転席への乗り降りの利便性を向上させているのです。

さらに運転席に座ったままで、後席の子どもの世話をしたり、後席の荷物を取ることが可能になります。

そのうえ、半ドア時に自動でドアを全閉することができる「助手席イージークローザー」や、パワースライドドアが閉まりきる前にドアロックすることができる「タッチ&ゴーロック機能」そして、車に戻った時、パワースライドドアを自動でオープンができる「ウェルカムオープン機能」など、軽自動車初となる多彩な機能を搭載しています。

response.jp

進化した予防安全機能とは

新型タントには、進化した予防安全機能「次世代スマートアシスト」を採用しているのです。

従来から装備されている「衝突警報機能」「衝突回避支援ブレーキ機能」「車線逸脱警報機能」「先行車発進お知らせ機能」「オートハイビーム」に加え、ステアリング操作をアシストする「車線逸脱抑制制御機能」、軽自動車初となる「ADB(アダプティブドライビングビーム)」、「標識認識機能(進入禁止)」を追加しています。

また、「誤発進抑制機能(前方・後方)」は従来のエンジン出力の抑制にブレーキ制御を付加することで、急発進を防止するのです。

これらの予防安全機能に加え、運転支援機能「スマートアシストプラス」を搭載されています。

「全車速追従機能付ACC(アダプティブクルーズコントロール)」や「LKC(レーンキープコントロール)」、「サイドビューランプ」、さらに軽自動車初となる駐車支援システム「スマートパノラマパーキングアシスト」を備えているのです。

また新型タントは、ダイハツの新世代の車づくり「DNGA(Daihatsu New Global Architecture)」による第1弾商品となります。

サスペンションや骨格の部品配置をゼロベースで再構築したプラットフォームを新開発しているのです。

曲げ剛性を従来に比べ約30%向上させ、ハイテン材の活用や構造合理化により、プラットフォームを含むボディ骨格全体で約40kgの軽量化を実現しています。

また、世界初となるスプリットギヤを用いた新技術を採用した新CVT「D-CVT」や、日本初となる複数回点火(マルチスパーク)の採用などにより、燃焼効率を向上させた大幅改良エンジンなど、パワートレーンを含め、すべての機構を一新したことで、「走る」「曲がる」「止まる」といった基本性能を大幅に向上させたのです。

価格帯の設定は?

新型タントの価格帯は、122万0400円から187万3800となります。

また、ダイハツの軽福祉車両「タント スローパー」「タント ウェルカムシートリフト「」も同時にフルモデルチェンジし、福祉車両の「タント ウェルカムターンシート」を新設定して、7月9日から販売を開始したのです。

福祉車両の価格は、タント スローパーが144万5000円から192万5000円、タント ウェルカムシートリフトが154万5000円から207万円、タント ウェルカムターンシートが139万円から165万円となります。

打倒N-BOXが実現しそうな予感がしており、その瞬間をみんなで一緒に見届けたいと思っているのです。

www.car-like-oyaji.com

www.car-like-oyaji.com

www.car-like-oyaji.com

f:id:car-like-oyaji:20190617142503j:plain