ホイールのサイズの表記「15×6.5J 5 114.3 50」は何?

ホイールのサイズの見方をしっていますか?

ドレスアップしたり、冬場にスタッドレスタイヤを装着のため、ホイール交換をする人は多く存在します。

そのときに、注意するべきことは何でしょうか? 

いくつか注意点があり、その中でも大切なのは、サイズなのです。

今回、そんな「ホイールのサイズの見方」を勉強していきましょう。

タイヤのサイズで「185/60R15 84H」などと表記されるのと同様に、ホイールにも決められた表記があります。

例えば、「15×6.5J 5 114.3 50」と表記されていますが、それぞれの数字や文字には、大切な意味があるのです。

gazoo.com

ホイールサイズ表記と意味を覚えよう!!

<リム径>

ホイールの直径をインチサイズで表しています。

「15」ならば15インチということなのです。

ただし、フランジ部(後述)を含まない数字であり、ホイールの外径ではないことに注意してください。

<リム幅>

ホイールの幅であり、リム径同様にインチサイズで表示されています。

リム径同様に、フランジ部は含まれず、ホイールの全幅ではなく、タイヤがはまる部分の幅となるのです。

<フランジ形状>

フランジとは、ホイールとタイヤが接する外周部分のことになります。

この部分には、いくつかの形状が存在しており、アルファベットで表されているのです。

メジャーなもので「B」「J」「JJ」がありますが、現在のほとんどが「J」または「JJ」のどちらかの表記になります。

なお、フランジ形状が違うからといって、「車両に装着ができない」とか、「あるいはタイヤを組み合わせられない」ということはありませんので、ご理解の程よろしくお願いします。

<ボルト穴数>

車両にホイールを装着するためのボルト穴の数を表しているのです。

一般的な乗用車は4穴か5穴であり、ハイエースなどの一部の商用車やSUVでは、6穴が採用されています。

<P.C.D>

ボルト穴ピッチ円直径のことであり、mmで表示されているのです。

ボルト穴ピッチ円直径とは、ボルト穴の中心で描かれる円の直径になります。

国産車のほとんどが、100mmあるいは、114.3mmが主流となっており、メーカーや車種によって異なるのです。

<インセット>

ホイールを側面から見た際、リム幅の中心から取付面の距離を指しています。

表示単位はmmです。

表記が、プラスになるほどホイールが、車体から奥に引っ込んだ状態になり、マイナスになるほど車体の外側に出っ張ってしまいます。

例に挙げた「15×6.5J 5 114.3 50」の場合では、表記が「50」なので、取付面が浅いデザインタイプのホイールということになります。

反対に「-50」ならば、取付面が深くなり、いわゆるディープリムタイプのホイールとなるのです。

マイナスインセットは、アウトセットとも呼ぶこともあります。

アルミホイールの装着前に適合チェックを!!

基本的には、ボルト穴数とP.C.Dが合致していれば、車両に装着すること自体は可能なのです。

ただし、リム幅やインセット、それにタイヤを含めた外径が大きく変わってしまうことで、ボディやブレーキなどに影響を及ぼす可能性があり、走行に支障が出る場合もありえます。

また、スピードメーターは、タイヤの回転数から演算して表示するために、外径が変わると狂いが生じてくるのです。

ホイールを交換する際には、必ず自分の車と適合しているかを確認してください。

そして、ホイールによっては、使用できるボルトやナットも異なることもあります。

ホイールを交換するときには、ボルトやナットの適合チェックも必ず忘れずに行ってください。

以上のように、ホイールを交換するときには、注意すべき点が多く存在することが判明したと思います。

これから、ホイールを交換しようと思っている方に参考にして頂ければ幸いです。

f:id:car-like-oyaji:20190711151429j:plain