内燃機関車50年の歴史に幕をおろすジャガーXJ

次期型はEV化決定に

7月5日にジャガー・ランドローバーは、ジャガーの最上級サルーンである「XJ」の現行型の生産を終了して、次期型をEVにすると発表したのです。

2017年秋にジャガー・ランドローバーは、2020年からジャガー・ランドローバーが展開しているすべての車種に、電動モデルをラインナップする計画を発表しました。

EV、PHV、マイルドハイブリッド車などの電動モデルを取りそろえたうえに、顧客のニーズに対応していく予定にしています。

ジャガーカーズとしての市販EVの第一弾として、2018年に発売されたのが、ジャガー「I-PACE」です。

EVパワートレインは、電気モーターを前後の車軸部分に搭載し、4輪を駆動します。

2個のモーターを合計して、400psのパワーと、71kgmのトルクを引き出し、I-PACEでは、0~100km/hの加速を4.8秒というパフォーマンスを実現するのです。

バッテリーにはに、リチウムイオンであり、蓄電容量は90kWhとしています。

DC100kWの急速チャージャーを使用すれば、バッテリーの80%の容量をおよそ40分で充電可能にし、100kmを走行するのであれば、およそ15分で充電できるのです。

このI-PACEに続く市販EVが、次期XJになります。

response.jp

XJの内燃機関車の歴史は8世代50年の現行型が最終に

初代XJは、1968年に発表され、50年以上の長い歴史を持ちます。

8世代にわたって生産され、英国王室をはじめとして、世界のビジネスリーダーや、有名人、それに政治家や、王族などに支持されてきたのです。

XJは、先進的なアプローチにより、他のラグジュアリーサルーンとは一線を画すポジションを築いてきました。

1968年に誕生してから4年の年月を経て、世界で唯一である12気筒エンジンを搭載した4ドアサルーンのプロダクションモデルを投入したのです。

最高速225km/hを発揮する車としては、当時の世界最速の4シーターモデルになります。

その後、スタンダードホイールベースとロングホイールベース、2ドアと4ドアのボディスタイルを設定して、1975年には初の2ドアクーペである「シリーズ2」を投入したのです。

1986年には、「Jゲート」と呼ばれるギアシフターとセルフレベリング機能付サスペンションを初めて採用した「XJ40」を発売して、8年間製造されます。

現行ジャガーXJは2009年7月に、欧州で発表されたのです。

ジャガーのラインナップでは、頂点に位置する最上級サルーンがXJとなります。

現行型は斬新な外装デザインになっており、競合車よりも約150kg軽いという新世代型のアルミボディを採用しているのです。

XJは英国で設計と生産を行っており、世界120か国以上に輸出されています。

7月5日に最後の現行型が、ロールアウトしたのです。

I-PACEのノウハウを次期型XJに

次期型はEVに変更されるXJだが、ジャガー・ランドローバーでは、英国のカッスルブロムウィッチ工場を改修して、英国初となる高級EVの生産に備えます。

EVとなる次期ジャガーXJの開発には、ジャガー初となるEVのI-PACEのデザイナーや製品開発スペシャリストを擁する専門家チームが担当して、I-PACEのノウハウを導入していくのです。

また、ジャガー・ランドローバーでは、英国ミッドランドに、電動車向けバッテリーなど電動パワートレインの組み立て工場を建設する計画にしています。

この電動パワートレイン工場は、2020年には稼働する予定であり、年間15万ユニットのバッテリーを生産する予定です。

ここで製造されるバッテリーなどの電動パワートレインは、次世代のジャガーとランドローバー車に搭載されます。

ジャガー・ランドローバーでは、次期ジャガーXJのEV化には、すべての新型車に電動パワートレインを設定するという実現に向けた、次の重要なステップとしているのです。

f:id:car-like-oyaji:20190716095716j:plain