ダットサンブランドが消えゆく日産の経営事情

 

 

今の経営で存続できるのか?

経営不振の影響を受け事業改革を行っていく日産が、海外の生産ライン停止に加えて人員削減を刊行すると公表しています。

事業改革に伴い、新興国市場にて2014年に復活した「ダットサン」ブランドも存続が危ぶまれているのです。

その要因には、西川社長の会見にて、ライン停止の対象車種の1つににダットサンが挙げられています。

日産は7月に、2019年度・第一四半期決算発表の際、業績再建に向けられた改革の柱として、海外を中心に生産体制を縮小すると発表されたのです。

縮小策として、工場の一部ライン停止においての能力削減を、2018年度より着手していて2019年度までに8拠点で実施する予定で動いています。

更に、2020年度から2022年までには6拠点を追加する予定にしているのです。

その結果、1万2500人の人員削減策を打ち出し、路頭に迷う事になります。

response.jp生産ライン停止工場の詳細は?

西川社長は、対象となる工場の詳細は示しておらず、2011年から2016年度の中期計画である「日産パワー88」に投資した部分がかなり大きいと言われているのです。

その中で、車種ポートフォリオとして「ダットサン」や小型車を生産する工場と具体的な内容が説明されました。

日産パワー88は、世界販売シェアと連結売上高営業利益率を8%を目標と掲げましたが、どちらも未達成となったのです。

そのため、この計画を達成するためにカルロス・ゴーン前社長の新たな対策にて、新興国向けにダットサンブランドを復活させました。

2012年3月において、ダットサン展開に関する会見にて、ゴーン氏は新興国向け車種について「リスクではなくチャンスであり、投入しないでいる方がリスクとなる」と強調して述べられています。

ダットサンブランドはどんなものなのか?

今まででてきたダットサンブランドの車は、2014年3月よりインドを皮切りに、インドネシアなど4か国で販売を開始し、現在はアフリカを含む9か国まで展開しているのです。

そんな新興国で販売されている車種というと、「GO+」を含む6車種で、インド・インドネシア・ロシアの3か国において生産されています。

その6車種においての販売実績については、日産は公表していませんが、年間数万台規模と予想されており、今回の工場リストラの対象として含まれているのです。

以上の事より、西川社長は、ゴーン時代の「負の遺産」と対峙し、ダットサンがその一つとなります。

日産の歴史を振り返ると、戦後に海外進出する際に、ダットサンブランドで事業展開したのが始まりなのです。

そのため、企業名である国内ブランドの「日産」と2重構造が生まれたことを切っ掛けに、1981年より海外市場でのダットサンを廃止して、日産として1本化に着手した経緯があります。

当時の社長である石原俊社長の決断にて、80年代に膨大な費用と労力を要したプロジェクトも存在したのです。

このような歴史を持つ、日産が今回の事業改革で復活することができるのか疑問に思えます。

昔の日産と肩を並べれる体勢となるか、それとも日産ブランドが消えて行くのか動向が注目です。

今後の日産を見ていきましょう。

www.car-like-oyaji.com

f:id:car-like-oyaji:20190821113858j:plain