万人受けしそうなコンセプトカー!!スズキが東京モーターショーに出展!!

トヨタと業務提供がきっかけになったのか?

スズキ自動車は、東京モーターショー2019の出展について、概要を発表しました。

今回、「スズキ・ワクスポ」をコンセプトモデルとして参考出品を世界初公開します。

そのワクスポは、全長3700mm、全幅1650mm、全高1430mmというコンパクトなPHEVクーペとなり、スズキの乗用車のサイズとほぼ同等となるのです。

そして、乗車定員は軽自動車規格の4名となります。

しかし、このワクスポの特徴は、スイッチ操作1つで、ワゴン・ボディに変形し、大きな荷物などを積みたいときには、リア・セクションの車体構造が変わるのです。

よって、クーペタイプと呼ぶことがふさわしいのか、疑問に残ります。

これだけの開発には、トヨタとの業務提供が大きく関わっているようにも感じられるのです。

response.jp

近年の車離れを考慮して車を家庭内シェアリングに

近年、若者の車離れに拍車が掛かってきているところに、スズキ自動車が考慮したのが、車を家庭内で共有するという発想であります。

その発想から生まれたのが、複数のボディ形状に変わる「スズキ・ワクスポ」なのです。

通常、カーシェアリングというと、1台の車を複数のユーザーが共有するものであり、それらを家庭内に置き換え、家族で1台の車を使用します。

最近では、経済的なこともあり、一家に車1台という家庭も増えており、プライベートを楽しむクーペタイプと、使い勝手を最大限に生かすワゴンタイプの2種類を使い分けられるように設計された「スズキ・ワクスポ」であるのです。

スズキ・ワクスポの特徴にはどんなものがあるのか?

外観は、ロングノーズのフロント部分となっており、小型で走りの良さを感じさせるであろうデザインとなっています。

ワゴンRスティングレイーばりの縦2眼のライトしたフロントフェイスをしていて力強さを感じるのです。

また、ワゴンタイプでは、Bピラーレスボディとなり、ドアを開けると大きな開口部が広がり、後席の乗り降りやにもつの積み下ろしなどを考慮しています。

ワゴンタイプになると、リアシートが後方にスライドされ、広々とした空間となり、快適な4人乗車が実現されるのです。

この「スズキ・ワクスポ」は、ドライバーの用途な合わせて車体構造を変えることができるため、幅広い年齢層に受けるのではないでしょうか?

最後に「スズキ・ワクスポ」の主要諸元をご紹介します。

 (全長×全幅×全高)3700㎜×1650㎜×1430㎜

ホイールベース) 2460㎜

(乗車定員)    4名

パワーユニット) PHEV

(駆動方式)   4WD

となっているのです。

気になる方は、是非とも東京モーターショー2019に足を運ばれて、実際に見てはいかがでしょう!!

f:id:car-like-oyaji:20191007104627j:plain